テザリング機能にも対応

ドコモ、「MEDIAS N-04C」をAndroid 2.3にバージョンアップ

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月21日
NTTドコモおよびNECカシオモバイルコミュニケーションズは、スマートフォン「MEDIAS N-04C」のOSをAndroid 2.2から2.3にバージョンアップ。9月22日(木)午前10時以降にアップデータ配布を開始する。

MEDIAS N-04C

バージョンアップにより、「電池使用量」メニューが改善され、詳細なバッテリー使用状況の確認が可能になる。また、「ストレージ使用状況」が追加され、アプリケーションが使用するメモリ量を確認できるようになる。

加えて、「ダウンロード」アプリの追加によりダウンロードしたファイルをリストで管理することが可能になるほか、コピー&ペースト機能も改善される。

そのほか、W-Fiテザリング機能にも対応。さらに、ATOKアプリにT9文字入力方式が追加され、例えば「か な あ」と打つと「き の う」と予測表示されるといった入力が行えるようにもなる。

さらに、「Gガイド番組表」アプリなど、新規アプリ/ウィジェットも追加される。

関連リンク

関連記事