OSはAndroid 2.3

シャープ、テザリングや3D対応のドコモ向けスマホ“AQUOS PHONE”「SH-12C」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月11日
シャープ(株)は、3D再生/撮影対応でテザリング機能も搭載したスマートフォン“AQUOS PHONE”「SH-12C」をドコモ向けに製品化。5月20日より発売する。

SH-12C

NTTドコモ向けのスマートフォンとして初めて公式にテザリング機能を搭載したモデル。800万画素のCMOSカメラを2台と3D対応の「NewモバイルASV液晶」を搭載し、3Dの静止画に加え、ハイビジョン画質の3D動画撮影を可能にした。OSにはAndroid 2.3を搭載し、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色で展開する。

画像処理エンジンには「ProPix」を搭載。これにより、撮影環境に応じて最適な撮影モードに自動で切り替える「シーン自動認識」や、フォーカスを合わせた被写体を自動で追尾する「チェイスフォーカス」などの機能を3D撮影時にも使用可能にした。

液晶サイズは約4.2インチで、解像度がQHD(540×960ドット)。独自の「TapFlow UI(タップフロー・ユーザーインターフェース)」を採用するほか、スマートファミリンクなどにも対応している。

関連リンク

関連記事