タッチ液晶でカンタン操作を実現

パナソニック、LUMIXの薄型コンデジにディズニーモデル − “ビューティレタッチ”搭載モデルも

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月24日
パナソニックは、デジタルカメラ“LUMIX”シリーズの新製品として、ディズニーモデルの「DMC-FP7D」と、撮った写真にエステ・メイク効果が施せる”ビューティーレタッチ”搭載の「DMC-FH7」を発売する。

・「DMC-FP7D」/6月10日発売/¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)


DMC-FP7D
5月に発売された「DMC-FP7」(関連ニュース)をベースにしたディズニーモデル。本体カラーは赤と黒のツートンとし、レンズカバーにミッキーマウスのシルエットを配置したオリジナルデザインとした。メニュー画面やデザイン、電源OFF時に表示される画面にもミッキーマウスのシルエットが登場する。同梱ソフトケースや、商品箱にもミッキーモチーフのデザインを採用するこだわりのデザインが採用されている。

6種類のディズニーキャラクターからフレームを選んで撮影し、ポストカード風の写真が撮影できるフォトフレーム機能を採用。撮影した写真にディズニーキャラクターをデコレーションできる機能や、AF時のフォーカスアイコンをディズニーキャラクターに変更できる仕様なども盛り込まれている。

本体には3.5型のタッチパネル液晶を搭載。撮像素子は1/2.33型 総画素数1,660万のCCDを採用。カメラ有効画素数は1,610万。レンズズームは光学4倍。光学式手ブレ補正機能を備える。本体は薄さ18.2mmのスリムデザイン。


・「DMC-FH7」/6月10日発売/¥OPEN(予想実売価格25,000円前後)


DMC-FH7
本体に3.0型のタッチパネル液晶を搭載し、写真撮影の機能がタッチ操作で簡単に行えるほか、撮影後の写真にタッチ操作でエステ、メイク効果を施せる「ビューティーレタッチ」の機能を採用したコンパクトモデル。カラーバリエーションはアーバンブラック/シャインゴールド/パッションピンク。レンズ鏡筒からオーナメントまでボディカラーを統一したデザインとした。

撮像素子は1/2.33型 総画素数1,660万のCCDを採用。カメラ有効画素は1,610万。レンズズームは光学4倍。モーターの高速化、アルゴリズムの最適化、ソフト処理の高速化を図り、操作レスポンスの高速化を実現した。高速AFにより「タッチでシャッター」「タッチでオートフォーカス」などの操作もよりスピーディーになっている。


【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMC-FP7D
  • 発売日2011年6月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
【SPEC】●カメラ有効画素数:1,610万画素 ●ズーム:光学4倍 ●モニター:3.5型タッチパネル液晶 23万画素 ●外形寸法:101W×58.9H×18.2Dmm ●質量:約147g
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMC-FH7
  • 発売日2011年6月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格25,000円前後)
【SPEC】●カメラ有効画素数:1,610万画素 ●ズーム:光学4倍 ●モニター:3.0型タッチパネル液晶 23万画素 ●外形寸法:95.2W×56.3H×19.2Dmm ●質量:約109g

関連記事