米国内への輸入差し止めを求め

シャープ、台湾AUOを液晶パネル特許侵害で提訴

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月25日
シャープは米国時間1月24日、米国国際貿易委員会(ITC)に、台湾AU Optronics Corporation(AUO)とその顧客である液晶テレビ/モニターセットメーカーを提訴した。

シャープはITCへの申立書と訴状で、AUO社が製造している液晶パネル/モジュールと、その顧客が米国で使用している液晶テレビ/モニターが、シャープが所有する液晶関連特許を侵害していると主張。ITCに対し、製品の米国への輸入と米国内での販売差し止めを求めている。

さらにシャープは、デラウェア州地方裁判所に対し、AUO社のみを被告として、液晶関連特許を提訴。損害賠償を求めている。

シャープでは「今後も、当社特許を侵害するAUO製の液晶パネル・液晶モジュールを搭載していることを確認した場合には、さらに訴訟を提起する予定」としている。

シャープがITCに対し、AUOが侵害していると申し立てた液晶関連特許は以下の7件。

・(第6,879,364号):視野特性を改善するために液晶アライメントを制御する液晶表示装置
・(第6,937,300号):微細スリットを有する画素電極を持った液晶デバイスの製造方法
・(第7,057,689号):広視野角を実現するための位相差補償素子を有する液晶表示素子
・(第7,283,192号):広視野角において視野特性を改善する液晶表示素子
・(第7,304,626号):液晶のゲート電圧波形を工夫し表示品質を向上させる技術
・(第7,532,183号):特にドライブ技術において、より良い画質を得るため応答速度を改善する液晶表示素子及びドライブ方法
・(第7,838,881号):液晶表示装置などの表示装置に関して使用するアクティブマトリックス基板

関連記事