元気ロケッツ最新3Dビデオ上映も

ソニービルで3Dヘッドマウントディスプレイが日本初披露

ファイル・ウェブ編集部
2011年02月09日

3D対応HDヘッドマウントディスプレイ
東京・銀座のソニービルは、今年1月のCESで参考出展して話題となった3D対応HDヘッドマウントディスプレイ(関連ニュース)を、2月18日〜27日のあいだ展示する。

3D対応HDヘッドマウントディスプレイが日本で公開されるのは今回が初めて。

右眼用と左眼用に、それぞれ独立したソニー独自の有機ELパネルを装備し、交互に映像を映し出すことで立体視が得られる。有機ELパネルの応答速度の速さを活かし、ほぼクロストークフリーの3D映像を実現しているという。

パネルの解像度は1,280×720で、RGBは24ビット。メガネのテンプルにあたる場所にはヘッドホンも装備され、バーチャル5.1chサラウンド音声が楽しめる。

また、同ビル8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)では、「元気ロケッツ」のフルCG 3Dミュージックビデオを2月15日〜2月27日に上映する。CESで公開した最新曲「Curiosity」を日本初公開するほか、人気の3Dミュージックビデオ3本も一挙上映するという。

3D対応HDヘッドマウントディスプレイと元気ロケッツの3Dビデオの上映の詳細は以下の通り。

■期間:2月15日(火)〜2月27日(日)※2/17(木)、21(月)は除く
    ※ヘッドマウントディスプレイの展示は、2/18(金)〜
■会場:東京・銀座 ソニービル8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)
■時間:11時〜19時 ※入場無料・入退場自由

関連リンク

関連記事