CEDIA2010レポート

アメリカの人気PJメーカー Digital Projection、DLP方式の3Dプロジェクターを出展

ホームシアターファイル編集部:熊澤志保
2010年09月27日

アメリカの人気プロジェクターメーカー、Digital Projectionのブース

同社の最新モデルが並ぶ
アメリカの最もポピュラーなプロジェクターブランドのひとつ、Digital Projectionのブースでも、3D対応DLPプロジェクターが出展された。

「TITAN Reference 1080p 3D」と「LIGHTNING Reference 1080p-40 3D」が会場に用意され、デモブースでは後者を用いて『クリスマス・キャロル』(3D盤)のプロモーションを上映していた。同社はフレームシーケンシャル方式を採用している。

3D対応DLPプロジェクター、TITAN Reference

視聴ブースではトップエンドの3Dプロジェクターを使った3Dデモが行われた

同社は業務用、家庭用双方にプロジェクターを展開しているが、家庭用プロジェクターのラインナップもiVision20シリーズ、iVision30シリーズ、M-Visionシリーズ、dVision30シリーズ、HIGHliteCineシリーズ、TITAN ProUシリーズ、Referenceシリーズなど実に豊富。

ブース内には、いくつもの2Dのプロジェクター視聴スペースが設けられ、多くのインストーラーやディーラーで賑わっていた。

プロジェクターの視聴ブースがふんだんに設けられた

実際にプロジェクターの調整を行う来場者

アメリカのカスタムインストーラーたちは、画質や音質調整について、感覚よりも論理的なプロセスを極めて大切にするという。視聴ブースでも実際にスクリーンの前に立ち、プロジェクターの設定を試している来場者が目についた。

関連記事