アバック、「3Dホームシアター大商談会 2010Winter」を池袋で開催 − 3D対応プロジェクターが多数登場

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月24日
アバックは、11月27日と28日に、池袋サンシャインシティにて「3Dホームシアター大商談会2010Winter」を開催する。

今回は“3D”をフィーチャー。恒例のプロジェクターシュートアウトも、3Dに対応したビクター「DLA-X7」「DLA-X3」、ソニーの「VPL-VW90ES」や三菱電機の新モデルなど4メーカー8モデルを用意。同一環境・同一ソースにより様々な側面から比較視聴が行うことができる。ロビーにはフルHD 3D CELLレグザ体験コーナーが用意される予定。

そのほか視聴ブースを10個設け、マランツ、ヤマハ、三菱、ビクター、ソニー、パイオニア、デノン、オンキヨーの各メーカーの製品視聴を行うことができる。

また2日間限りのスペシャルプライスも用意されるという特価品販売、下取り査定アップ、クレジット金利0%サービスなど、AV機器の購入を検討している方にはまたとない魅力的な販促策も用意されている。


<日時>
2010年11月27日(土)10:00〜19:00
   11月28日(日)10:00〜18:00

<会場>
サンシャインシティ
ワールド・インポートマート5F
コンファレンスルーム

【問い合わせ先】
(株)アバック
TEL/0120-74-0811

関連リンク

関連記事