「iPod史上最大の変更」

iPad完全対応「iOS 4.2」は11月 − ジョブズ氏の言葉でアップル最新動向をまとめてチェック

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月02日
すでに当サイトを含めて多くのメディアが取り上げている通り、アップルは本日、iPodの主要ラインナップをモデルチェンジすることを発表した。

同社CEOのスティーブ・ジョブズ氏は、同社の直営店、アップルストアの好調ぶりを強調。パリの店舗や中国で2番目の店舗などを紹介し、「現在、10カ国に300の直営店がある。1日に100万人が訪れることもある」と説明した。

同社CEOのスティーブ・ジョブズ氏。少しふっくらした?

iOS搭載デバイスについては、新規のアクティベートだけで、1日に23万以上が行われているという。ジョブズ氏は「他社は、OSのアップデートも含んだ数値を公表しているようだが、我々は新規の数だけを出している」と紹介。アプリについても、これまで65億のダウンロードが行われたとし、「これは毎秒200個のアプリがダウンロードされている計算になる」と述べた。

■iOS 4.1は来週登場、iOS 4.2は11月でiPad完全対応

続いてジョブズ氏はiOS 4のアップデートバージョン、「iOS 4.1」の紹介に移り、来週にはダウンロード提供が可能になると紹介。

HDR機能のイメージ図

iOS 4.1の新機能はこちらで紹介したものと、ソーシャルゲーム機能「Game Center」などが主となる。特にGame Centerの説明には時間を割き、EPIC GAMESの社長が登壇。プロジェクト名「PROJECT SWORD」というゲームのデモプレイが行われた。

iOS 4.1にはソーシャルゲーム機能「Game Center」が搭載

iOS 4.2の紹介も行われた。ジョブズ氏によると、「iOS 4.2はすべての機能がiPadに対応する」とのことで、マルチタスクやアプリのフォルダ分類などが、ようやくiPadでも利用可能になる。

iOS 4.2搭載のiPadのデモ。メールのスレッドまとめなどが可能になる

マルチタスクにも対応。下段にマルチタスクバーが表示されていることがお分かり頂けるはず

またiOS 4.2ではワイヤレスプリント機能も用意される。同機能のデモも行われ、iPadからダイレクトにプリント指示を行う様子などが紹介された。なお、iOS 4.2は11月に提供を開始する予定だ。

iPadでワイヤレスプリントが可能になる

マルチタスクバーでプリント状況を確認することもできる

■iPod新モデルは「過去最大の変更」

続いて今回のプレゼンの本題であるiPodの説明に移ったジョブズ氏は、これまでiPodを2億7,500万台販売したことを冒頭に説明。

アップルはこれまでに、iPodを2億7,500万台販売した

ジョブズ氏はこの販売台数を実現した理由について、「高シェアに安住せず製品を改良する努力をしてきたから」とし、今回の新モデルについても「前モデルを刷新した全く新しいiPodだ。過去最大の変更になる」と強調した。

続いてジョブズ氏は各モデルの紹介に移ったが、製品の概要はすでにニュースで紹介しているので割愛し、各モデルに対するジョブズ氏のコメントを中心に掲載する。

iPod shuffleについては、「最近のiPod shuffleでボタンを無くしたが、実はボタンが欲しいという意見が非常に多かった」と明かし、「だから我々は、前機種とボタン搭載モデルのいいとこ取りをした。第2世代からさらに小型化し、さらにクリックホイールを付けた」と説明した。

iPod nanoについては、「もっと小さく、良い製品にしたかった。小さくするためにはクリックホイールを取ればいいと考えた。クリックホイールを取るためにはマルチタッチが最適だ。このような考えから今回のスタイルになった」と、商品開発の経緯を説明。「クリップを備えてウェアラブルな形状とし、さらに46%小型化、42%軽量化した。しかもマルチタッチで、アイコンの移動もできる。2本の指で画面を回転したり、写真表示を行うことも可能だ」とした。

iPod nanoではアイコンで機能を管理。アイコンの位置をカスタマイズすることも可能

iPod nanoの歴代モデル

続いてジョブズ氏はiPod touchを紹介。ジョブズ氏は「iPod touchは、今やラインナップの中で最も人気のシリーズになった。以前はnanoが最も人気だった」と、その人気の高さをアピール。

ジョブズ氏は、携帯ゲーム機としてのiPod touchの躍進も強調し、「iPod touchの売上は、任天堂とソニーの携帯ゲーム機の合計を凌ぎ、50%以上のシェアを獲得している。さらに、これまでに15億のゲーム・エンターテイメント系アプリがダウンロードされている」と述べた。

iPod touchが携帯ゲーム機のシェアナンバーワンになったことを強調

Retinaディスプレイを搭載するiPod touch

さらに、新iPod touchが前面と背面にカメラを搭載していることを紹介し、FaceTImeにも対応していることを訴求。iPhone 4とiPod touchという組み合わせでもFaceTImeが利用できる利便性を訴えた。

■ソーシャル機能が加わった「iTunes 10」

「iTunes 10」については、これまでiTunesで「117億の楽曲、4億5,000万のテレビ番組エピソード、1億本の映画、3500万の本がダウンロードされた」と、数字を挙げてその巨大さをあらためて紹介した。

その上で同氏は、今回のiTunes 10でアイコンを変更した理由について、「これまで10年程度同じアイコンを使ってきたが、来年の春にはiTunesがCDの売上を超えるようだ。だからこれまでのアイコンであしらっていたCDのイメージは不要だと考えた」と、いくぶん茶化しながら説明した。

ソフトのインターフェースデザインについては、「さらにエレガントに、さらにシンプルにした」とのことで、その言葉の通り、これまでカラーだったアイコンがモノクロになっていたり、リスト表示の罫線がシンプルになっていたりなど、細かな改善が数多く盛り込まれている。

iTunes 10の機能については、ほぼすべてが新機能「Ping」の説明に割かれた。アップル独自のソーシャルネットワーク機能だが、利用者数が多いiTunesをベースにすることで、当初から多くの利用者を集めたいという意向を持っているようだ。

■新「Apple TV」はユーザーの生の声を聞いた結果

そしてジョブズ氏は、恒例の「One more thing」として、新たなApple TVを紹介した。ただし今回は「thing」が表示されたあと、すぐに「hobby」に書き換えられるという趣向で、ジョブズ氏の、Apple TVに対する思い入れの深さが感じられた。

「Apple TV」の概要

映画や音楽をレンタル視聴できる

ジョブズ氏はこれまでのApple TVについて、「2006年9月に発売し、かなり売れたが、大ヒットとは言えない。でも製品を愛してくれている人はたくさんいる」と総括。

そして同氏は、この4年で学んだという、ユーザーのApple TV二対するニーズを紹介。「ハリウッドの映画とテレビ番組を見たい」「すべてHD化してほしい」「もっと安くコンテンツを見たい」「もうコンピューターは 増やしたくない」「ストレージの管理はもうしたくない」「同期もしたくない」「ハードは静かで小型がいい」という意見が多かったのだという。

ジョブズ氏は、「他の企業の考えとは乖離していると思うが、これがユーザーの生の声なのだ」として、本体を従来品の4分の1にしたこと、接続端子をシンプルにし、操作も簡便にしたこと、さらにVODコンテンツはすべてレンタル方式にしたことなど、新たなApple TVの内容について紹介した。

またジョブズ氏は、HDテレビ番組のレンタル価格を、99セントと安くしたこと強調。「これは凄いことで、すべてのコンテンツメーカーが理解してもらえたわけではない。最初はabcとFOXのコンテンツがレンタルで視聴できるが、そのうちに他のところも参加することになると思う」と自信を示した。

さらにジョブズ氏は、iOS 4.2で対応する「AirPlay」機能もデモ。iPadなどiOS 4.2を搭載した端末内の動画や音楽などを、Apple TVに配信し、接続したテレビなどで視聴できる機能だ。この機能をデモすると、来場者から大きな歓声が上がっていた。

iOS 4.2で対応する「AirPlay」機能のデモ。iPad内の動画をApple TVにストリーミング配信

Apple TVからMac内のファイルにアクセスすることもできる

■恒例のライブはCOLDPLAY

毎回、9月のイベントの恒例となっている著名アーティストによるライブ演奏。今回はCOLDPLAYが呼ばれ、メンバーの中からボーカルやギターを担当するクリス・マーティン氏が登壇し、何曲かのヒット曲を演奏した。

関連リンク

関連記事