HOME > ニュース > Sony Creative Software、BDオーサリングアプリ「Blu-print 6」「Z Depth」を発表

Blu-ray 3Dのオーサリングに対応

Sony Creative Software、BDオーサリングアプリ「Blu-print 6」「Z Depth」を発表

2010/06/15 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

Blu-printのインターフェース
Sony Creative Softwareは、Blu-ray Discオーサリングアプリケーション「Blu-print 6」と、3D字幕配置編集アプリケーション「Z Depth」を発表した。

「Blu-print 6」はBlu-ray 3Dのオーサリングや3Dメニューや字幕画像を作ったり、MVCでエンコードされたコンテンツをインポートしやすくすることで、ワークフローの拡大を実現できる。3D Blu-ray Disc Javaやカッティングマスターの製作もサポートしている。

Z Depthは、Blu-ray 3Dのプロジェクトに必要な字幕メタデータや、3D空間で字幕やメニューを正確な位置に配置するといった作業を統合管理できるもの。Blu-ray 3Dのオーサリングを簡単にしたり、字幕製作の際3Dスペース内で最も収まりの良い場所に配置できるようにする。

3D以外のフィーチャーでは、DTS-HDのエンコーディングにも対応した。

ソニーピクチャーズ初のBlu-ray 3D「くもりときどきミートボール」で、このアプリケーションを使用するとのことだ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック