103V/85V型も

パナソニック、152V型3Dプラズマディスプレイの受注を開始 − 価格は「戸建て住宅一軒分」

鴻池賢三
2010年06月09日
パナソニック(株)は、世界初となる152V型、103V型、85V型のフルHD対応3D対応プラズマディスプレイを発表。業務用として7月1日に受注を開始、2010年秋より順次納入を始める。

152V型「TH-152UX1」は4,096×2,160画素、103V型「TH-103VX200」と85V型「TH-85VX200」はともに1,980×1,080画素。コントラスト比は3機種とも500万対1。

152V型「TH-152UX1」

103V型「TH-103VX200」と85V型「TH-85VX200」

業務用のため定価の設定は無いが、85V型が500万円(従来の2D対応85V型の3割アップ)、103V型が750万円(従来の2D対応103V型の3割アップ)、152V型は「40〜50坪の戸建て住宅一軒分」という目安が示された。なお152V型モデルは、最大で年間1,000台弱の生産が行えるという。

製品発表会は、パナソニックプラズマディスプレイ株式会社尼崎工場で行われ、実物の展示とデモも披露された。

発表が行われたパナソニックの尼崎工場

製品の技術内容については、パナソニックプラズマディスプレイ(株)代表取締役の長野寛之氏がプレゼンテーションを行い、152V型の3Dディスプレイにふさわしい画質性能をアピールした。

登壇した長野氏。今回の3製品について「パナソニックの技術力の結晶」とアピール

今回の新製品では「プロ仕様エンジン」と呼ぶ、従来の20bit処理から30bit処理に引き上げた画像処理技術により、色の再現性と精細度を高めたと説明。また画素の発光時間を従来の1/4に低減したほか、高精度のベクトル予測処理を組み合わせる事で高速駆動を実現し、3D表示により適した特性を備えているという。

発光時間の低減で、超大画面でも動画ブレが無いとする

30bit処理で色再現能力を高めた

続いて3D事業の拡大・発展を加速するために新設された「パナソニック3Dイノベーションセンター」の藤井正義所長が、大画面3Dディスプレイの用途を紹介した。

パナソニック3Dイノベーションセンターを通じて、パナソニックの総力を結集し、積極的に3Dビジネスの推進にあたると言う

センター所長の藤井氏は、152V型の3D映像が、いろいろな分野で革命を起こすとアピール

藤井氏は、開発品が152V型(画面有効寸法3,416mm×1,801mm)という大画面実現した事により、様々なものを原寸大で3D表示することが可能になったと説明。開発企業にとっては、精度の高いシミュレーションや設計期間の短縮が期待できるほか、店舗では実寸大で住宅や車などをプレゼンし、その場で色を変えてみせることも可能になると述べた。ほかにもアミューズメントや教育現場などでの応用が行え、152V型3Dディスプレイの登場によって、様々な革命が起きるという考えを強調した。

152V型3Dディスプレイの登場で開発現場が変わると説明

3D立体視による疑似体験で、専門教育をより効果的に行えると説明

またプロジェクターと比較した際の優位点として、設置の容易性、色再現の正確さをアピールした。

鴻池賢三が見た152V型3Dプラズマディスプレイ
152V型と聞いて大味なものかと思ったが、4K2Kの解像度に加え、画像の処理も良好で、既に完成の域に達している民生用50V型と遜色のないレベル。3D映像はチラツキが皆無で、立体感も高い。2Dの4K2K映像も完成度が高い。大型でもアラが目立たないのは「プロ仕様エンジン」によるものだろう。なお、これらの業務用技術は民生機にもフィードバックされるとの事だが、コスト面から、全くそのまま転用できるものではないそうだ。

関連記事