録画上映も4月上旬まで実施

ソニーとSME、国内初のライブコンサート3D生中継イベントを開催

ファイル・ウェブ編集部
2010年02月15日
ソニー(株)と(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントは2月14日、ソニーミュージックが主催したライブイベントの模様を、銀座ソニービル8Fの「OPUS」で、3Dで生中継する「3Dプレミアムライブ」を開催した。

OPUSでの模様

ライブイベントの名称は「Winternet'10 バレンタイン・スペシャルライブ supported by Ghana」で、渋谷の「SHIBUYA-AX」で開催され、ソニーミュージックの各レーベル所属の清水翔太、 AZU、SCANDAL、福原美穂、ONE☆DRAFTなどのアーティストが出演した。

観客1,200名が来場した「SHIBUYA-AX」には、ソニー製の業務用3D映像収録機材を5台設置し、本ライブイベントを3Dで撮影(音声は5.1chで収録)。ソニービルのOPUSに設置された200インチの高精細スクリーンで、生中継で上映した。「3Dプレミアムライブ」の観覧者(抽選で招待された40組80名)は、離れた会場でも、臨場感あるライブパフォーマンスの迫力を体感し、楽しむことができたという。

なお3月13日(土)から4月4日(日)まで(3月13日を除く)、本ライブイベントの3D収録映像がソニービルのOPUSにて上映される。放映時間は11:00〜19:00。

関連記事