FeliCa搭載、Edyでアクトビラ購入可能

【更新】ソニー、4倍速表示/アクトビラビデオ・フル対応の“BRAVIA”W5/F5シリーズを発売

Phile-web編集部

前のページ 1 2 次のページ

2009年03月02日
ソニーは、4倍速駆動でアクトビラビデオ・フルに対応した液晶テレビ“BRAVIA”の新モデル2シリーズを4月24日より発売する。詳細は下記の通り。

W1シリーズ、F1シリーズからの進化点

W5シリーズ
・「KDL-52W5」(52V型) ¥OPEN(予想実売価格450,000円前後)
・「KDL-46W5」(46V型) ¥OPEN(予想実売価格370,000円前後)
・「KDL-40W5」(40V型) ¥OPEN(予想実売価格290,000円前後)

W5シリーズ

KDL-52W5

F5シリーズ
・「KDL-46F5」(46V型) ¥OPEN(予想実売価格350,000円前後)
・「KDL-40F5」(40V型) ¥OPEN(予想実売価格270,000円前後)
・「KDL-32F5」(32V型) ¥OPEN(予想実売価格160,000円前後)

F5シリーズ

KDL-46F5

両シリーズとも、「Motionflow 240Hz パネル」と「IBリダクション」機能の搭載で4倍速表示に対応。24p映像の4倍速表示にも対応している。なお、F5シリーズの「KDL-32F5」のみ、4倍速ではなく倍速対応モデルとなる。

「Motionflow 240Hz」の説明

240Hz駆動のデモ。左から60Hz、120Hz、240Hzのモデル


高速で横スクロールする映像をシャッタースピード1/250秒で撮影。写真は120Hzモデル

同じく240Hzモデル。ほとんど動画ボケがないのがわかる

両者の違いはチューナーの搭載数とフレームデザインで、W5シリーズがデジタルチューナーを2基搭載。F5シリーズはシングルチューナーモデルとなる。なお両機に搭載されたチューナーは、同社が昨年7月に開発を発表した小型シリコンチューナーモジュールで、同社従来品と同等の受信性能で約2分の1の小型化を実現したほか、独自の高周波回路技術により、業界最高クラスの受信感度を実現している。また、優れた干渉妨害耐性を実現しているのも特徴だ。

左が従来のチューナー、右が新たに搭載した小型シリコンチューナーモジュール

受信感度の高さをアピールするデモも実施。左の従来チューナーではブラックアウトする受信強度でも、右の新チューナー搭載機では問題なく映像を表示できている

両シリーズとも狭額縁を採用しており、W5シリーズは角張ったデザイン、F5シリーズは丸みを帯びたデザインに仕上げられている。またベゼル部は、ブラックのフレームに透明のカバー層が被せられており、光の当たり具合によって様々な表情に見える。また、本体の奥行きは全機種とも75mmを実現している。

W5シリーズのフレーム

F5シリーズのフレーム

画質エンジンには「ブラビアエンジン3」を搭載。ブラビアエンジン2のノイズ低減処理、輪郭補正、色描写処理回路などは踏襲しつつ、新たに映像をシーンごとに解析し、最適なバックライト制御と輝度階調変換により、コントラスト感を向上させる機能を追加した。これにより、W1で5万対1だったダイナミックコントラストは10万対1となり、より沈んだ黒を表現可能になったという。

また、HDMI端子を背面に2基、側面に2基の合計4基搭載。そのほか、LAN端子やUSB端子なども装備している。

さらに、BRAVIAとして初めてアクトビラ ビデオ・フルに対応。<おき楽>リモコンに専用のダイレクトボタンも装備している。また、リモコンにはフェリカ機能を搭載しており、アクトビラビデオ・フルの決済が行える。

リモコンにはフェリカポートなどを装備

アクトビラ ビデオをフェリカで決済できる

フェリカ機能では、現時点でEdyおよびELioに対応。リモコン下部に設けられた読み取り部へ搭載カードや携帯電話をかざしてリモコンのフェリカボタンを押すことで決済が可能なほか、チャージも行える。発売開始時点では、TSUTAYA TVなど一部Edy決済に対応していないサービスもある。なおフェリカ技術を採用した非接触型ICカードにはほかにSuicaなどもあるが、こちらへの対応も期待したいところだ。

XMBからEdy Viewerを選んで、チャージなども行う事ができる

携帯電話からの写真とメッセージを受信できる「<ブラビア”>ポストカード」(関連ニュース)にも対応している。同サービス対応の携帯電話は、3月末に発売を控えるau用の“Cyber-shotケータイ”「S001」などがあるが、今後も順次ラインナップを拡大。今夏にはauの全機種が対応し、さらに秋には全キャリアへの展開も予定しているという。

<ブラビア>ポストカードを表示したところ

サービス利用の流れ


「<ブラビア”>ポストカード」に対応予定の“Cyber-shotケータイ”「S001」

AVCデコード対応、お気に入り機能など使い勝手も進化

前のページ 1 2 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-52W5
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:450,000円前後)
●画面サイズ:52V型 ●パネル解像度:1920×1080 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:3800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ、CATV ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、D5映像入力×2、Sビデオ入力×1、D-Sub15ピン入力 ×1、ステレオミニ音声入力×1、音声出力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1、LAN×1、USB×1、電話回線×1 ●消費電力:305W ●外形寸法:1243W×821H×358Dmm(スタンド含む)●質量:30.1kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-46W5
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:370,000円前後)
●画面サイズ:46V型 ●パネル解像度:1920×1080 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:3800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ、CATV ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、D5映像入力×2、Sビデオ入力×1、D-Sub15ピン入力 ×1、ステレオミニ音声入力×1、音声出力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1、LAN×1、USB×1、電話回線×1 ●消費電力:225W ●外形寸法:1094W×725H×330Dmm(スタンド含む)●質量:24.9kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-40W5
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:290,000円前後)
●画面サイズ:40V型 ●パネル解像度:1920×1080 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:3800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ、CATV ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、D5映像入力×2、Sビデオ入力×1、D-Sub15ピン入力 ×1、ステレオミニ音声入力×1、音声出力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1、LAN×1、USB×1、電話回線×1 ●消費電力:202W ●外形寸法:961W×649H×303Dmm(スタンド含む)●質量:20.1kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-46F5
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:350,000円前後)
●画面サイズ:46V型 ●パネル解像度:1920×1080 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:3800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ、CATV ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、D5映像入力×2、Sビデオ入力×1、D-Sub15ピン入力 ×1、ステレオミニ音声入力×1、音声出力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1、LAN×1、USB×1、電話回線×1 ●消費電力:219W ●外形寸法:1091W×725H×330Dmm(スタンド含む)●質量:24.6kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-40F5
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:270,000円前後)
●画面サイズ:40V型 ●パネル解像度:1920×1080 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:3800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ、CATV ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、D5映像入力×2、Sビデオ入力×1、D-Sub15ピン入力 ×1、ステレオミニ音声入力×1、音声出力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1、LAN×1、USB×1、電話回線×1 ●消費電力:200W ●外形寸法:958W×649H×303Dmm(スタンド含む)●質量:19.9kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-32F5
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:160,000円前後)
●画面サイズ:32V型 ●パネル解像度:1920×1080 ●視野角:上下左右178度 ●コントラスト比:3800対1 ●受信チャンネル:地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ、CATV ●入出力端子:HDMI入力×4、ビデオ入力×2、D5映像入力×2、Sビデオ入力×1、D-Sub15ピン入力 ×1、ステレオミニ音声入力×1、音声出力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1、LAN×1、USB×1、電話回線×1 ●消費電力:140W ●外形寸法:770W×543H×258Dmm(スタンド含む)●質量:14.2kg(スタンド含む)
  • ジャンルフロントサラウンドシステム
  • ブランドSONY
  • 型番RHT-G1550
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:150,000円前後)
<アンプ部>●総合出力:550W ●実用最大出力:フロント 80W+80W、センター 100W、サラウンド 80W+80W、サブウーファー 130W ●入出力端子:HDMI入力3/出力1、光入力3、同軸入力1、アナログ入力1、デジタルメディアポート1 ●電源:AC100V、50/60Hz ●消費電力:約125W ●外形寸法:約1,550W×400H×400Dmm ●質量:約53kg
<スピーカー部>●ユニット:フロント→50mmコーン型、センター→35mmコーン型×3、サラウンド→50mmコーン型、サブウーファー→100mmコーン型×2
  • ジャンルフロントサラウンドシステム
  • ブランドSONY
  • 型番RHT-G950
  • 発売日2009年4月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:110,000円前後)
<アンプ部>●総合出力:470W ●実用最大出力:フロント 70W+70W、センター 70W、サラウンド 70W+70W、サブウーファー 120W ●入出力端子:HDMI入力3/出力1、光入力3、同軸入力1、アナログ入力1、デジタルメディアポート1 ●電源:AC100V、50/60Hz ●消費電力:約110W ●外形寸法:約1,115W×500H×400Dmm ●質量:約49kg
<スピーカー部>●ユニット:フロント→50mmコーン型、センター→35mmコーン型×3、サラウンド→50mmコーン型、サブウーファー→100mmコーン型×2
  • ジャンルフロントサラウンドシステム
  • ブランドSONY
  • 型番RHT-G550
  • 発売日2009年6月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:80,000円前後)
<アンプ部>●総合出力:330W ●実用最大出力:フロント 70W+70W、センター 70W、サブウーファー 120W ●入出力端子:HDMI入力3/出力1、光入力3、同軸入力1、アナログ入力1、デジタルメディアポート1 ●電源:AC100V、50/60Hz ●消費電力:約110W ●外形寸法:約1,000W×480H×400Dmm ●質量:約38kg
<スピーカー部>●ユニット:フロント→50mmコーン型、センター→35mmコーン型×2、サブウーファー→100mmコーン型×2
  • ジャンルフロントサラウンドシステム
  • ブランドSONY
  • 型番HT-CT500
  • 発売日2009年6月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格:60,000円前後)
<アンプ部>●総合出力:400W ●実用最大出力:フロント 100W+100W、センター 100W、サブウーファー 100W ●入出力端子:HDMI入力3/出力1、コンポーネント×2、コンポジット×1、光入力×3、同軸入力×1、アナログ入力×2、スピーカー出力×3、デジタルメディアポート×1 ●電源:AC100V、50/60Hz ●消費電力:約110W
<スピーカー部>●ユニット:フロント→バスレフ型 50mmコーン型、センター→バスレフ型 50mmコーン型×、サブウーファー→バスレフ型 130mmコーン型 ●外形寸法:サテライトスピーカー→約857W×90H×51Dmm、サブウーファー→約212W×374H×364Dmm ●質量:サテライトスピーカー→約1.9kg、サブウーファー→約9.1kg

関連記事