HDMIリンクは6社に対応

ヤマハ、49,350円のHDオーディオ対応AVアンプ「AX-V465」を発売

Phile-web編集部
2009年02月26日
ヤマハ(株)は、エントリーモデルながらHDオーディオに対応した5.1chAVアンプ「AX-V465」を3月下旬より発売する。価格は49,350円(税込)。


AX-V465
今年から同社のAVアンプは、型番を従来の“DSP-AX"から“AX-V”に一新して展開する。新型番での第1弾モデルとなる「AX-V465」は、業界最安値の5万円を切る価格設定ながらHDMI端子を入力4系統/出力1系統装備し、Deep Color、x.v.coloや1080p映像出力に対応。またドルビーTrueHD、DTS-HDマスターオーディオといったHDオーディオやDSDのデコーダーを搭載している。実用最大出力は140W×5、消費電力は175W。カラーはブラックの1色。

HDMIリンクは業界最多の6社に対応(09年2月26日現在)。パナソニック、東芝、日立製作所、シャープ、三菱電機、ソニー製のリンク機能に対応した薄型テレビおよびレコーダー(詳しい対応機種はこちら)と連動し、テレビのリモコンで本機の電源オンオフ、音量調整、入力ソースの切り替えが行える。

フロントパネルのディスプレイは文字の表示サイズを従来比プラス47%と大きくし、ディスプレイに入力ソースのリネーム表示が行えるなどエントリーユーザー向けに操作性を向上させている。リネーム機能は接続した機器の名称を各端子に割り当てることができる。PS3やBlu-rayといった既に登録されている名称に加え、最大9文字まで自由に名称を登録することも可能。


リネーム機能を新たに採用し、入力ソースを確認できるようになっている

ディスプレイの下にはよく使う映像ソースや音場プログラムをワンタッチで選択できる「SCENE」ボタンを配置
自動音場補正機能には「YPAO」を採用し、測定用マイクを使い、約3分ほどで自動で部屋にあった最適な音響調整に設定することができる。


「AX-V465」と5.1chスピーカー210シリーズの組み合わせだと約10万円ほどでサラウンド環境を手に入れることが出来る
同社のAVアンプではおなじみの独自の音場創成技術「シネマDSP-plus」を搭載。ソースにあわせて最適な音場を再現するシネマDSPプログラムは映画/音楽/ゲームなど17種類を含む、計38種類のプログラムを用意する。

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)との親和性も高い。背面に装備するドックからは別売の同社iPodドック「YDS-11」やBluetooth「YBA-10」の接続が可能。リモコンの十字キーでiPodの操作を行うことができる。またiPod以外のDAPも前面のステレオミニジャックから接続可能だ。圧縮音源を補正する「ミュージック・エンハンサー」を搭載し、DAP内の音楽や映画を高音質で再生が行える。


十字キーでiPodの操作が行える
【問い合わせ先】
ヤマハ(株)AVお客様ご相談センター
TEL/0570-01-1808(ナビダイヤル)
新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドYAMAHA
  • 型番AX-V465
  • 発売日2009年3月下旬
  • 価格¥49,350(税込)
●実用最大出力:140W×5 (6Ω、1kHz、10% THD) ●音声入力:アナログ×5、光デジタル×2、同軸デジタル×2、DOCK ●映像入力:コンポーネント×2、D4ビデオ×2、コンポジット×5 ●音声出力:SP OUT×5ch(フロントL/R、センター、サラウンドL/R)、PRE OUT×2(サラウンドバックL/R)、サブウーファーOUT、REC OUT×2 ●映像出力:MONITOR OUT(コンポーネント、コンポジット、D4ビデオ)、REC OUT(コンポジット) ●HDMI:入力×4、出力×1 ●消費電力:175W ●外形寸法:435W×151H×364Dmm ●質量:8.4kg

関連記事