オンキヨー、“AQUOS/VIERA/REGZA”のHDMIリンク機能に対応したAVアンプを発売

2008年03月25日

TX-SA606X(ゴールド)

TX-SA606X(シルバー)
オンキヨー(株)は、“AQUOS”や“VIERA”、“REGZA”のHDMI CEC機能に対応したAVアンプ「TX-SA606X」を4月29日に発売する。価格は84,000円(税込)。

ドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioに対応した7.1ch出力のAVアンプ。HDMIはver.1.3aに対応しており、1080p映像や36bit ディープカラー、x.v.Colorの伝送に対応している。


AQUOSと接続したイメージ
同社がこれまで培ってきた製品間の連動機能(RI:Remote Interactive)をベースに、HDMI端子を活用した「RI HD」機能を搭載。HDMI CEC機能に対応することで、対応テレビのリモコンを使ってAVアンプの基本操作が可能となっている。対応機器は、シャープ製AQUOSファミリンク対応の液晶テレビ“AQUOS”(2008年4月以降の機種)、パナソニック製ビエラリンク対応テレビ“VIERA”およびDVDレコーダー“DIGA”、東芝製レグザリンク対応テレビ“REGZA”。

オーディオ回路には、同社特許技術「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」回路を搭載し、ノイズの低減を実現。またグランド電位の安定化を図り、さらなるノイズの低減を図っている。ほかにも、小音量時にサラウンド効果を高める「AudysseyDynamic EQ」や、圧縮された音楽ファイルをより高品位に再現する「ミュージックオプティマイザー」を搭載している。

映像回路にはアップコンバーターを搭載しており、アナログ映像信号を720p/1080iにアップコンバートすることが可能だ。

【問い合わせ先】
オンキヨーコールセンター
TEL/050-3161-9555

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドONKYO
  • 型番TX-SA606X
  • 発売日2008年4月29日
  • 価格¥84,000(税込)
【SPEC】●実用最大出力:全チャンネル185W(6Ω、JEITA) ●周波数特性:5Hz〜100kHz(LINE) ●HDMI端子:入力4、出力1 ●映像入力端子:D42、コンポーネント2、S4、コンポジット5 ●映像出力端子:D41、コンポーネント1、S2、コンポジット2 ●音声入力端子:デジタル4、アナログ8(2ch7/7.1ch1) ●音声出力端子:デジタル1、アナログ3(2ch2/7.1ch1) ●外形寸法:435W×174.5H×375Dmm ●質量:12.4kg

関連記事