米ソニー、新AVアンプ3機種を7月から順次発売

2008年06月27日

STR-DA4400ES

STR-DA3400ES

STR-DA2400ES
ソニーの現地法人である米Sony Electronicsは、AVアンプ“ESシリーズ”の新モデル3機種を7月から順次発売する。

3機種の型番と販売価格、発売時期は以下の通り。

・「STR-DA2400ES」約800ドル 7月発売
・「STR-DA3400ES」約1,000ドル 8月発売
・「STR-DA4400ES」約1,500ドル 8月発売

3機種とも7.1chアンプを内蔵。ドルビーTrueHDやDTS-HD MAなどHDオーディオのデコードに対応する。1080/24p映像の入力も行える。またファロージャDCDiを採用し、1080pにアップスケーリングした映像をHDMI端子から出力できる。

GUIにはXMB(クロスメディアバー)風のナビゲーションを採用し、簡便に設定などが行える。「BRAVIA Sync」(日本でのブラビアリンク)機能も備え、他の同社AV機器と接続することでセッティングや操作を快適に行える。

またDIGITAL MEDIA PORTも備え、iPod用クレードル「TDM-iP10」やネットワークウォークマンのクレードル、Bluetoothアダプターなどを接続できる。

各チャンネルの出力はSTR-DA4400ESが120W、STR-DA3400ES/DA2400ESがそれぞれ100W(いずれも8Ω時)。HDMI入力は4400ESが6端子、DA3400ES/DA2400ESが4端子。DA4400ESはHDMI端子からのDSD入力にも対応する。

(Phile-web編集部)

関連記事