平日の昼休みや深夜などに放送

NHK、ワンセグで独自番組を放映する「ワンセグ2」を4月6日に開始

Phile-web編集部
2009年02月18日

NHKは、ワンセグ放送において、サイマル放送ではない独自番組を放映する「ワンセグ2」を4月6日より開始する。

独自番組はNHKデジタル携帯の2チャンネルで放送される。放送は、主に平日の昼休みと深夜、土曜日の午後に行われ、それ以外の時間帯ではNHK教育テレビがサイマル放送される。

空き時間に携帯電話などでチェックするというワンセグ放送の主な視聴スタイルを考慮し、1番組が5分〜15分サイズと短いのが特徴。また、番組に関連したデータ放送や通信画面から、クッキングのレシピやクイズの正解と解説など、より詳しい情報をその場で、いつでも入手することができる。

主なコンテンツとして、「ワンセグランチボックス」と題した番組の放送が予定されている。大河ドラマのあらすじと次回の内容をチェックできる「大河ドラマダイジェスト」や、自然番組「ダーウィンが来た」で取材したお宝映像を紹介する「ケータイ大自然」など5分サイズのミニ番組をまとめたもので、月曜日から金曜日まで、正午から40分間放送される。

また、土曜日の深夜帯には社会人向け携帯サイトと連動した「大人のジョーシキ大学」を放送するほか、それ以外の時間帯でも教育テレビの新番組「ニュースで英会話」と連携した英語番組などの放送も予定されている。

関連記事