9月末まで受付け

ガラポン、ワンセグ7chを24時間録画する「ガラポンTV初号機」 − iPhone/iPad視聴も可能

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月21日
ガラポン(株)は、7ch分のワンセグ番組を連続録画する「ガラポンTV初号機」の予約受付を開始した。

ガラポンTV初号機の「ガラポンTV端末」(iPhoneはセットに含まれない)

本日から9月30日まで購入申込を受付け、製品発送は10月1日から行う。価格は30,000円(税込/送料込)。購入希望者が販売台数を超えた場合、10月1日に抽選で購入者を決定する。なお、利用できるのは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の関東圏限定となる。

販売するのはチューナー部「ガラポンTV端末」のみで、利用には他にPCやルーターなどのLAN環境、録画番組を保存しておくためのUSB外付けHDDが必要。500GBのHDDを使った場合、7chのワンセグ放送を24時間、約30日間録画することができる。なお、ガラポンTV端末のサイズは250×70H×200Dmm。

本機の利用イメージ

また録画した番組へは「ガラポンコネクトサービス」を使って、PCやiPad、iPhoneなどのブラウザーからアクセスし、視聴することが可能。自宅内だけでなく、外出先からの視聴も行え、同社では「ソフトバンクの3G回線でも視聴OK」と説明している。

ガラポンコネクトサービスでの視聴には、ブラウザーがHTML5に対応し、端末もH.264動画とAAC音声の再生が行える必要がある。

なお同社では、ガラポンTVの次期バージョンも、2010年冬の発売に向けて準備中。次期バージョンではガラポンTV用のPCが不要になり、ガラポンTV端末単体で動作するようになる。初号機は機能面で次期バージョンに劣るため、初号機購入ユーザーは、ガラポンコネクトサービスの月額料金が当面無料となる。また、初号機を購入したユーザーは、次期バージョンで無料でアップグレードする権利を得る。

また同社では、ガラポンTVで録画した番組を、指定の単語で検索して検索結果を取得したり、録画番組を指定位置から再生開始するなどの機能を備えたAPIも近日公開する。

関連記事