東芝、地デジチューナーを搭載した“Qosmio”新モデルを発売

2008年08月20日
(株)東芝は、“Qosmio”の新製品を8月23日より順次発売する。価格はオープン。製品の詳細は以下のとおり。

■Qosmio 「F40/86G」 /¥OPEN(予想実売価格200,000円台半ば)10月発売
■Qosmio「F50/86G」 /¥OPEN(予想実売価格215,000円前後)10月発売


Qosmio F50/86G

Qosmio F40/86G
両モデルともに1,280×800画素の15.4型ワイドカラーTFT液晶ディスプレイを採用。地上デジタル放送チューナーは1基搭載し、内蔵する250GBのHDDにデジタル放送の録画が楽しめるほか、DVDスーパーマルチドライブを採用し、ダビング10対応を実現したことにより、本機単体でデジタル録画のアーカイブも可能としている。なお、6月に発売された“Qosmio G50シリーズ”などに採用されたHDプロセッサー「SpursEngine」(関連ニュース)は今回のモデルには搭載されていない。

F50/86GはインテルCore 2 Duo プロセッサー P8400を搭載し、高速処理を実現。F40/86GはインテルCore 2 Duo プロセッサー T8100を採用する。また高速データ転送を可能にする高速無線LAN規格「IEEE802.11nドラフト2.0」に準拠したほか、外付けHDDなどと高速アクセスが可能なeSATAポートも搭載する。両モデルともHDMI出力を1系統搭載し、レグザリンクにも対応している。

■dynabook Qosmio「GX/79G」 /¥OPEN(予想実売価格235,000円前後) 8月23日から順次発売


dynabook Qosmio GX/79G
グラフィック性能を強化しPCゲームに適した「dynabook Qosmioシリーズ」の新モデル。縦横比16対9、1,680×945画素の18.4型ワイド液晶ディスプレイを搭載する。インテルCore 2 Duo プロセッサー P8400を搭載し、高速のグラフィック表示が可能だ。

また、高速無線LAN規格「IEEE802.11nドラフト2.0」にも準拠している。レグザリンク対応のHDMI端子も搭載しており、同社製薄型テレビとの連動操作も可能だ。harman/kardon社製のスピーカー3基も搭載している。

【問い合わせ先】
東芝PCあんしんサポート
TEL/0120-97-1048

(Phile-web編集部)

関連記事