KDDI、au携帯電話の08年夏ラインナップ − 「LISMO Video」やワンセグ対応機も充実

2008年06月03日
KDDI(株)と沖縄セルラー電話(株)は、08年夏のau携帯電話新ラインナップを発表した。発売は6月上旬以降から順次開始される。別項でお伝えしたとおり、スポーツ機能を充実させたほか、「フルチェン」「LISMO Video」など新機能への対応が主力モデルの特徴となる。


「LISMO Video」やワンセグ対応機も充実
ラインアップのうち8機種がau携帯電話向けの新しい動画サービスとなる「LISMO Video」に対応するほか、8機種がワンセグ視聴機能を搭載している。下記に今回発表されたラインナップの中から、「LISMO Video」対応機、並びにワンセグ対応機をピックアップして、それぞれの内容を紹介していこう。

“Woooケータイ” W62H 


“Woooケータイ” W62H

高精細な有機ELディスプレイを搭載
日立製“Woooケータイ”シリーズの最新モデル。本体に約2.8インチのワイドQVGA対応(240×400画素)の有機ELディスプレイを搭載したほか、縦横の2WAYオープンスタイルを採用し、快適な映像コンテンツの視聴スタイルを実現している。ワンセグ視聴や「LISMO Video」の機能に対応する。

秒間15フレームのワンセグ映像を最大30フレームで視聴できる「なめらかモード」や、同社のテレビ“Woooシリーズ”で培ったカラーマネージメント機能を採用し、高画質なワンセグ視聴を実現している。

本体を横置きにして楽しむワイドオープンスタイル時には、ディスプレイの横幅サイズをフルに使って3Dゲームを楽しんだり、WordやExcelなどのファイル編集が快適に行える。

またauが提供する「au Smart Sports Run & Walk」のアプリケーションをプリセットしており、別売のBluetoothヘッドセットを組み合わせて、ワイヤレスで音楽を聴きながらジョギングを楽しむこともできる。さらにメニュー画面のカスタマイズが楽しめる「ナカチェン」や、「ケータイde PCメール」などの最新サービスにも対応する。カラーバリエーションはブルー、シルバー、ブラックの3色。

“Sportio(スポーティオ)”


“Sportio(スポーティオ)”

「LISMO Video」の視聴も楽しめる
東芝製のスポーツ機能を充実させたコンパクトな携帯電話。「au Smart Sports Run & Walk」のアプリケーションをプリセットする。モーションセンサーを利用した「カロリーカウンター」では、Run & Walkのアプリを起動せずに、携帯電話を持ち歩くだけで歩数・距離・消費カロリーが自動で測定され、待ち受け画面上ですぐに確認できる。計測結果は専用サイトに保存して、履歴を管理することも可能だ。また音楽と歩行ステップを連動させたエンターテインメント機能「BEAT RUN」にも対応する。

本体デザインはコンパクトなストレートタイプを採用。カラーバリエーションはオレンジ、ブラック、ホワイト、グリーン、レッドの5色が揃う。「LISMO Video」や「ナカチェン」などの最新サービスには対応しているが、ワンセグの視聴は行えない。本体には有効画素数196万画素のオートフォーカスカメラも搭載する。

“フルチェンケータイ re(アール・イー)” 


“フルチェンケータイ re(アール・イー)”
ソニー・エリクソン製のコンセプト機。本体の外装や待ち受け画面、メインメニューなどのコンテンツがユーザーの思いのままにカスタマイズできる「フルチェン」サービスに対応している。

本体には3.2Mのオートフォーカス付CMOSカメラを内蔵し、高画質な写真が撮影できる。顔検出機能も搭載するほか、ブログアップ機能では撮影した写真をその場でブログに貼り付けられる。また「LISMO Video」や「ナカチェン」などの最新サービスに対応するほか、ワンセグ視聴機能も備えている。カラーバリエーションはピンク、ホワイト、グリーン、オレンジ、シルバーの5色が揃う。

“G'zOne” W62CA 


“G‘zOne” W62CA

本体背面のカメラ部
防水・耐衝撃性能を備えながら、厚さ19.9mmのスリム化を実現したカシオ製“タフネスケータイ G'zOne”シリーズの最新機種。モーションセンサーを利用した「カロリーカウンター」や、「BEAT RUN」などのスポーツをサポートする機能を充実させている。「LISMO Video」やワンセグ視聴機能、「ナカチェン」などにも対応している。

またGPS情報と方位、温度センサーを利用した6つのツールを搭載し、方位・位置表示や温度計測のほか、潮位表示や日出・日入、月齢情報などをグラフィカルに表示することができる。別途Bluetoothヘッドセットと組み合わせて、音楽を聴きながらのワークアウトも楽しめる。カラーバリエーションはグリーン、ブラック、ホワイト。

W62SH 


W62SH
「LISMO Video」やワンセグ視聴に対応するシャープ製携帯電話。3.0インチフルワイドVGA(854×480画素)の「New モバイル ASV液晶」を搭載し、優れた色再現性や輝度を実現している。またのぞき見防止の「新ベールビュー」機能も採用する。

別売のBluetoothヘッドセットを使えば、ワイヤレスで音楽を楽しむことができるほか、LISMO再生中画面のまま、送信ON/OFFや周波数切換が可能なFMトランスミッターを搭載する。「au Smart Sports Run & Walk」のアプリケーションをプリセットしているので、音楽を聴きながらジョギングなども楽しめる。カラーバリエーションはパープル、ホワイト、ゴールド。

W63SA 


W63SA
海外でもそのまま携帯電話が使える、WIN初のグローバルパスポートCDMA対応を実現した京セラの最新モデル。2.8インチのワイドVGA(400×800画素)対応IPS液晶ディスプレイを搭載し、ワンセグやデジタルラジオ、「LISMO Video」などの動画を高画質に楽しめる。「au Smart Sports Run & Walk」のアプリケーションもプリセットし、Bluetoothヘッドセットと組み合わせてワイヤレスで音楽を聴きながらスポーツすることも可能だ。カラーバリエーションはレッド、シルバー、ブラック。

W64SA 


W64SA
本体に搭載するモーションセンサーと連動し、携帯を振れば色が変わる「シェイクイルミ」を搭載するデザインが特徴の京セラ製端末。本体には2.8インチのワイドVGA(400×800画素)対応IPS液晶ディスプレイを搭載する。ワンセグ視聴や「LISMO Video」も楽しめる。「ナカチェン」機能にも対応している。「au Smart Sports Run & Walk」のアプリケーションもプリセットし、Bluetoothヘッドセットと組み合わせてワイヤレスで音楽を聴きながらスポーツすることも可能。ピンク、ホワイト、イエロー、ブラックの4色が揃う。

W62T 


W62T
2.8インチのワイドQVGA(240×400画素)の液晶ディスプレイを搭載し、ワンセグや「LISMO Video」の映像が高画質に楽しめる東芝製端末。テレビシリーズ“REGZA”で培った映像技術が投入されている。またマルチファンクションキーの上部に「ワンタッチTVキー」を配置し、すばやくワンセグが起動できる。

本体には3.2メガのオートフォーカスカメラを搭載。外装には指紋がつきにくく、上質な質感を持つアルミパネルを採用し、「ナカチェン」によるカスタマイズにも対応する。カラーバリエーションはゴールド、レッド、ブラックの3色。

W64K 


W64K
ワンセグ視聴に加えて「LISMO Video」にも対応した2.7インチのワイドQVGA(240×400画素)液晶ディスプレイを搭載した京セラ製端末。液晶を回転して閉じるだけで簡単にワンセグが立ち上がる、ワンセグ一発起動機能を採用する。光の当たる角度によってボディカラーが美しく変化するパネルを採用。カラーバリエーションはゴールドとピンク。

【問い合わせ先】
auお客様センター
TEL/0077-7-111


(Phile-web編集部)

関連記事