【速報】シャープとパイオニア、AV事業などで業務・資本提携 − パイオニアが液晶テレビに参入へ

2007年09月20日

シャープの片山社長(左)とパイオニアの須藤社長(右)
シャープ(株)とパイオニア(株)は、次世代DVD分野、ネットワーク関連分野、カーエレクトロニクス分野、映像分野などで業務・資本提携を行うと発表した。

本日午後5時、シャープ(株)とパイオニア(株)が共同会見を実施。シャープ代表取締役社長の片山幹雄氏、パイオニア代表取締役社長の須藤民彦氏が出席した。

資本提携は12月20日に行う。パイオニアが3,000万株(約414億円分)の新株を第三者割り当てにて発行し、シャープがこれを引き受ける。一方シャープは、すでに発行済みの株式1,000万株(約197億円分)をパイオニアに割り当て処分する。資本提携後は、シャープがパイオニア株を14.28%保有することになり、筆頭株主となる。パイオニアのシャープ株保有比率は低水準にとどまる。

業務提携では、両社のリソースを活用し積極的に協力することで、新事業を創出するとともに、両社による部品や製品の積極的採用による取引拡大を行う。

次世代DVD分野では、シャープの青紫色半導体レーザーなどのデバイス技術と、パイオニアのドライブモジュール技術などを融合させ、次世代DVD関連商品の開発を目指す。

ネットワーク関連分野でも、特にホームエレクトロニクス分野で新たなネットワーク関連商品の開発を目指す。

また、カーエレクトロニクス分野では、シャープが持つ中小型ディスプレイ技術や通信技術、センサー技術と、パイオニアが持つカーナビゲーション技術や車載ノウハウを組み合わせることで、カーエレクトロニクス分野での新たな事業創出を目指すという。

映像分野では、両社が持つディスプレイ技術、映像技術を相互に提供し合うことや融合させることで、両社のディスプレイ事業の拡大や新しいコンセプトの商品の創出を目指すという。パイオニアの須藤社長は会見の中で、シャープ製パネルを搭載した液晶テレビの販売を行う考えを明らかにした。シャープの片山社長も「大きなお客様になるわけで、大歓迎」と応じた。

共同会見の詳細など、続報を追ってお伝えする。

(Phile-web編集部)

関連記事