シャープ、中国に研究開発会社を設立 − 地域ニーズに応える製品を生み出す先端技術開発を狙う

ファイル・ウェブ編集部
2011年02月08日

シャープ先端科学技術研究開発(上海)有限公司
シャープは、1月11日に中国・上海市に「シャープ先端科学技術研究開発(上海)有限公
司」(SLC)を設立。今春より業務を開始すると発表した。

シャープはかねてから現地販売会社内に先端技術研究開発センターを設置し、商品のソフトウェア開発を進めてきたとのこと。しかし、「現地のお客様のご要望や将来ニーズを的確に捉え、革新的な商品を創出するため」開発センターの体制を強化し、新たに別会社として設立に至った。

SLCでは現地密着型のローカルフィット製品創出に寄与する先端技術の開発や、グローバル事業の核となるテーマの研究開発を行うとのこと。また人材の育成や、現地大学や研究機関とも連携したオープンイノベーション機能も強化する考えだという。

今後はSLCの体制を順次強化し、研究開発〜販売までを現地化し、中国における「地産地消」を推進。日本・アメリカ・イギリスにある研究開発拠点と連携した「4極研究開発体制」を構築し、研究開発の強化を図っていく。


【新会社の概要】

会社名:
シャープ先端科学技術研究開発(上海)有限公司
(中国語名)夏普高科技研発(上海)有限公司
(英語名)SHARP LABORATORIES OF CHINA CO., LTD.
(略称:SLC)

所在地:上海市張江高科技園区張東路1387号2棟101号,102号
代表者:
・董事長(会長):菅野信行(シャープ株式会社 常務執行役員)
・董事兼総経理(社長)呉 亜棟

研究テーマ:環境技術、エネルギー技術、電子情報通信技術、材料技術の研究、開発
資本金:140万米ドル
人員:65名(今春 予定)
設立日:2011年1月11日

関連記事