ソニー、実売10万円台前半のBDレコーダー「BDZ-T50/T70」

2007年09月12日

BDZ-T70

BDZ-T50
ソニーは、エントリー向けのBDレコーダー「BDZ-T50」「BDZ-T70」の2機種を11月8日に発売する。

価格はオープンだが、T70は160,000円前後、T50は140,000円前後での販売が予想される。ただし、量販店などではさらに低い価格が設定されることも考えられ、ポイント還元などを実施している店では、両機とも10万円台前半で販売されることが期待できる。

機能はこちらで紹介したとおりだが、HDD容量はT50が250GB、T70が300GB。地上/BS/110度CSデジタルチューナーはT50が1基、T70が2基。地上アナログチューナーは両機とも1基。T70はデジタル2番組同時録画とデジ/アナ2番組同時録画に対応するが、T50はどちらも対応しない。

MPEG4-AVC/H.264エンコーダーを装備。HDD容量は前述の通り多いとは言えないが、MPEG2をMPEG4-AVC/H.264に変換することで、長時間録画が可能になる。各録画モードと録画時間は下記の通り。

各映像モードと録画時間
映像コーデック 録画モード ビットレート 2層BD-R/-RE T70
(320GB)
T50
(250GB)
MPEG2-TS
DR BSデジタル:約24Mbps 約4時間 約28時間 約21時間
地上デジタル:約17Mbps 約6時間 約39時間 約30時間
MPEG4-AVC/H.264 XR 約15Mbps 約6時間 約41時間 約31時間
XSR 約12Mbps 約8時間 約52時間 約40時間
SR 約8Mbps 約12時間 約78時間 約60時間
LSR 約6Mbps 約16時間 約105時間 約80時間
LR 約4Mbps 約24時間 約157時間 約121時間
ER 約2Mbps 約48時間 約315時間 約242時間


BDドライブは自社製で、2層ディスクに対応しているほか、4倍速書き込みにも対応。BDビデオ再生機能では、1080/24p出力、HDオーディオのストリーム出力、xvYCC出力などに対応している。


番組表は7チャンネル表示に対応した
両機ともHDV/DV入力端子とUSB端子は装備せず、同端子からのビデオ映像や静止画の取り込みはできない。

そのほか、7チャンネル分の表示が可能になった番組表、HDMI CEC機能などにも対応している。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター
TEL/0570-00-3311(ナビダイヤル)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-T50
  • 発売日2007年11月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)
【SPEC】●記録可能メディア:BD-RE ver.2.1、BD-R ver.1.1/1.2、DVD+RW、DVD+R、DVD-RW、DVD-R ●内蔵HDD:250GB ●映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC(HDD/BD) ●音声記録方式:ドルビーデジタル(2ch/5.1ch)、MPEG2-AAC(DRモード時) ●チューナー:地上デジタル×1/BS・110度CS×1/地上アナログ/UHF/CATV ●映像入出力:HDMI出力×1、コンポジット映像入/出力×2/1、S映像入/出力×2/1 ●音声入出力:ステレオ音声入/出力×2/2、デジタル音声出力(光)×1 ●消費電力:59W ●外形寸法:430W×95H×334Dmm ●質量:約6.3kg
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-T70
  • 発売日2007年11月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格160,000円前後)
【SPEC】●記録可能メディア:BD-RE ver.2.1、BD-R ver.1.1/1.2、DVD+RW、DVD+R、DVD-RW、DVD-R ●内蔵HDD:320GB ●映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC(HDD/BD) ●音声記録方式:ドルビーデジタル(2ch/5.1ch)、MPEG2-AAC(DRモード時) ●チューナー:地上デジタル×2/BS・110度CS×2/地上アナログ/UHF/CATV ●映像入出力:HDMI出力×1、コンポジット映像入/出力×2/1、S映像入/出力×2/1 ●音声入出力:ステレオ音声入/出力×2/2、デジタル音声出力(光)×1 ●消費電力:62W ●外形寸法:430W×95H×334Dmm ●質量:約6.4kg

関連記事