ソニー、ビデオカメラ連携を強化したBDレコーダー「BDZ-L70」

  • Twitter
  • FaceBook
2007年09月12日
ソニーは、ビデオカメラとの連携機能を高めたBDレコーダー「BDZ-L70」を11月8日に発売する。価格はオープンだが18万円前後での販売が予想される。

BDZ-L70(フロントパネルを開けたところ)

BDZ-L70

MPEG4-AVC/H.264エンコーダーを搭載し、ハイビジョン映像の長時間記録を可能にしたほか、BDビデオの1080/24p出力、ドルビーTrueHDやDTS-HD MA/HRAなどHDオーディオのストリーム出力などに対応するなど、基本機能はこちらでお伝えしたとおりだ。デジタルチューナーは2系統装備し、デジタル2番組同時録画にも対応。HDD容量は320GBとなる。各映像モードと録画時間は以下の通り。

各映像モードと録画時間
映像コーデック 録画モード ビットレート 2層BD-R/-RE L70
(320GB)
MPEG2-TS
DR BSデジタル:約24Mbps 約4時間 約28時間
地上デジタル:約17Mbps 約6時間 約39時間
MPEG4-AVC/H.264 XR 約15Mbps 約6時間 約41時間
XSR 約12Mbps 約8時間 約52時間
SR 約8Mbps 約12時間 約78時間
LSR 約6Mbps 約16時間 約105時間
LR 約4Mbps 約24時間 約157時間
ER 約2Mbps 約48時間 約315時間


Lシリーズは、“思い出を残す”をキーワードに、ビデオカメラとやデジタルカメラとの連携を強化した。HDV/DV端子とUSB端子を備え、ハイビジョンハンディカム全機種の映像取り込みに対応しているほか、筐体フロントの右に「ワンタッチダビングボタン」を装備。ボタンを押すだけで、カメラ内の映像をHDDにダビングできる。同ボタンを装備しているのはシリーズの中で本機のみ。

前面にUSB端子とHDV/DV端子を装備

パネル右にワンタッチダビングボタンを備える

ワンタッチダビングの概要

HDD/メモリースティックハンディカム/デジタルカメラはUSBケーブルで、HDV/DVカメラなどテープメディアのハンディカムはHDV/DV端子で接続する。AVCHD方式のDVDカメラは、撮影した8cmDVDをドライブに入れ、ワンタッチダビングボタンを押せば良い。

映像や写真の取り込み時は「つづき取り込み」機能も備え、一度取り込んだ映像や写真を判別し、それ以外を取り込むことが可能。さらに、取り込んだハイビジョン映像には、撮影の開始シーンに自動でチャプターを作成する機能も装備し、不要なシーンをチャプター単位でカットすることもできる。

また、デジカメの写真をHDDに取り込み、BGMを選択するだけでビデオクリップのようなハイビジョンフォト作品を自動で作ることができる「x-Pict Story HD」、またHDDに取り込んだ写真でアルバムを自動作成する「x-Scrap Book」なども搭載する。

なお、xvYCC(x.v.Color)にも対応しており、xvYCCモードで撮影した映像をそのまま再生することも可能。

ホームサーバー機能も備え、ルームリンクなどをクライアントにして、レコーダー内のコンテンツをネットワーク経由で視聴できる。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)お客様ご相談センター
TEL/0570-00-3311(ナビダイヤル)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-L70
  • 発売日2007年11月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格180,000円前後)
【SPEC】●記録可能メディア:BD-RE ver.2.1、BD-R ver.1.1/1.2、DVD+RW、DVD+R、DVD-RW、DVD-R ●内蔵HDD:320GB ●映像記録方式:MPEG2、MPEG1、MPEG4-AVC(HDD/BD) ●音声記録方式:ドルビーデジタル(2ch/5.1ch)、MPEG2-AAC(DRモード時) ●チューナー:地上デジタル×2/BS・110度CS×2/地上アナログ/UHF/CATV ●映像入出力:HDMI出力×1、コンポジット映像入/出力×3/1、S映像入/出力×3/1 ●音声入出力:ステレオ音声入/出力×3/2、デジタル音声出力(光/同軸)×1 ●その他端子:HDV1080i/DV入力×1、USB×1 ●消費電力:65W ●外形寸法:430W×95H×334Dmm ●質量:約6.5kg

関連記事