バッファロー“ちょいテレ”が同軸アンテナケーブルに対応 − メディアオンライン連動

2007年08月29日
(株)バッファローは、ワンセグテレビチューナー“ちょいテレ”のアンテナ端子と同軸ケーブルを接続させることができる、F型コネクタ変換アダプター「DH-OP-F」を9月上旬に発売する。価格は2,205円(税込)。

「DH-OP-F」を“ちょいテレ”に接続したところ

家庭用アンテナから引き込んだ同軸ケーブルに“ちょいテレ”を接続することで、安定した電波受信が可能になる。

また同社は、“ちょいテレ”高感度タイプ「DH-KONE/U2」「DH-KONE/U2S」を対象に、Windows Vistaの「メディアオンライン」サービスとの連携を可能にするアップデートを本日からダウンロード提供開始した。

アップデートの対象機種「DH-KONE/U2」

右側のサイドバーに登録した“ちょいテレ”ガジェットからメディアオンラインの関連動画を再生したところ

新機能はマイクロソフト(株)、日本テレビと協力して開発したもので、Windows Vistaのガジェットに登録した“ちょいテレ”でワンセグ放送を受信している際、データ放送からメディアオンラインを起動し、番組に関連した動画を再生することなどが可能になる。日本テレビがメディアオンラインで配信する「日テレNEWS24」と「第2日本テレビ」が新機能に対応する。

(Phile-web編集部)

関連記事