ケンウッド、DLNAに対応した小型データ通信モジュールを開発

2007年04月13日

新開発のデータ通信モジュール
(株)ケンウッドは、DLNAガイドラインに対応した小型データ通信モジュールを開発したと発表した。

今回開発したモジュールは、デバイスとしては業界で初めてDLNA(Digital Living Network Alliance)ガイドラインに対応しており、このモジュールを既存製品に組み込むことで、DLNAに対応した製品の早期開発・設計が可能となる。

また、ネットワーク機能をつかさどるプロセッサーに、(株)ルネサス テクノロジ製プロセッサー「SH7619」を採用したことにより、モジュールの小型化(W75×H40×D14mm)を実現しているという。

本モジュールは組み込む製品の仕様に合わせてAudio-DAC、USB、有線LANまたは無線LANなどの実装機能選択が可能となっており、オーディオ機器やポータブルデバイスのクレードル、レコーダー、テレビなど、広範囲な製品への応用が可能だ。

(Phile-web編集部)

関連記事