iOS端末との連携も充実

アイ・オー、テレビ録画/DMS機能搭載の3波対応デジタルハイビジョンチューナーを発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月18日
(株)アイ・オー・データ機器は、アナログテレビについないで地上デジタル・BS・110度CSデジタル放送が視聴できるデジタルハイビジョンチューナー「HVT-BCT300S」を6月上旬に出荷する。価格は税込で22,050円。


HVT-BCT300S
本機は地上・BS・110度CSデジタル放送対応の据え置き型単体チューナー。本体に別売のUSB-HDDをつないで、テレビ番組の録画が行えるほか、DTCP-IP対応のDLNAサーバー(DMS)機能を備え、ホームネットワーク上に設置したDLNA機器に配信も行える。なお録画時に接続できるUSB-HDDは1台まで。登録は何台でも可能だ。本体にはSDカードスロットも搭載する。


本機のリアパネル
本体スタンバイ時には、つないでいるUSB-HDDを省電力モードにできるよう設計されている。またホームネットワーク経由で、本機に接続したUSB-HDDと、DTCP-IP対応の録画機器に録ったコンテンツをダビング/ムーブし合うことも可能だ。BDレコーダー、またはBDドライブを使ってBDディスクにアーカイブ保存もできる。


本機のメニュー画面

DLNA対応のBDドライブへ録画コンテンツの書き出しも行える
DMS機能は本体の電源がオフ(スタンバイ状態)になっていても利用できる。AVCHDビデオカメラで撮った動画や、デジタルカメラで撮影した動画・静止画の配信も行える。なお、同時に複数機器への配信は行えないほか、テレビ番組の録画中や録画番組の再生中には配信できない。また録画番組以外の著作権保護のかかったコンテンツやISOファイルの配信は不可となる。

本体はEPGやデータ放送に対応しているが、データ放送の録画や双方向通信サービスは非対応となる。

iPhone/iPad/iPod touchなどiOS端末に、同社製アプリ「BCT Remote」をインストールすることにより、テレビ王国などのテレビ番組表からiEPG予約が行える。本体で予約した番組も含め、録画予約の確認や取り消しもiOS端末から行える。アプリでは本機のハードウェアリモコンを再現したソフトウェアリモコンが使用できる。付属のハードリモコンでは、テレビ視聴を中断して予約操作を行う必要があるが、iPhoneなどを使えばテレビを見ながら予約が入れられるというメリットが得られる。

BCT Remote

ソフトウェアリモコンも再現

さらにiOS端末に保存した動画や写真を、デジオン社製アプリ「DiXiM DMC」を使って、ネットワーク経由で本機につないだテレビに表示して楽しんだり、iOSデバイスでDMS機能搭載機器に保存した動画や写真、音楽データを操作して、本機をつないだテレビで再生できる。

また本機と、PCやNASをホームネットワークにつないで、PCやNASに保存した動画・写真・音楽を離れた部屋のテレビで再生できる機能も備える。Windowsファイル共有機能も搭載しており、他のPCやDLNA非対応NASに保存した動画・写真・音楽ファイルを同じホームネットワークにつながったリンクプレーヤーを使って再生もできる。


Windowsファイル共有機能も搭載した

アクトビラのサービスにも対応
その他、「アクトビラ」と「TSUTAYA TV」のVODサービスや、HDMI CECによるリンク機能、LANハブ機能にも対応している。

【問い合わせ先】
アイ・オー・データ機器
TEL/03-3254-1076

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル地上/BS/110度CSデジタルチューナー
  • ブランドI-O DATA
  • 型番HVT-BCT300S
  • 発売日2011年6月上旬
  • 価格¥22,050(税込)
【SPEC】●チューナー:地上デジタル/BS/110度CSデジタル ●入出力端子:HDMI×1、D4映像×1、コンポジット映像×1、アナログRGB×1、光デジタル音声×1、アナログ音声×1、IR入力×1 ●消費電力:18W ●外形寸法:約260W×55H×185Dmm ●質量:約1.3kg(本体のみ)

関連記事