東芝、“REGZA”Z2000シリーズのEPGをバージョンアップ

2007年03月07日

47Z2000
(株)東芝は、液晶テレビ“REGZA”Z2000シリーズ(関連ニュース)のEPG機能をバージョンアップし、「レグザ番組表・ファイン」として無償ダウンロード提供を実施する。

バージョンアップは、放送波を使ったダウンロードと、同社サーバーを使ったダウンロードのいずれかで行える。ダウンロードの開始日は4月23日を予定している。

新EPGでは、これまでの6チャンネル5時間表示を、6チャンネル6時間表示と7チャンネル6時間表示に進化し、一覧性を向上。なお、バージョンアップ後に、従来の6チャンネル5時間表示を引き続き利用することもできる。また、番組表の表示枠に、番組タイトルだけでなく番組説明も表示可能になった。

「レグザ番組表・ファイン」の7チャンネル6時間表示

これまでの6チャンネル5時間表示。違いは歴然

また、テレビを見ながら他チャンネルの番組をチェックできる、2時間表示の「ミニ番組表」も7チャンネル表示に対応。また、「ミニ番組表」表示時のテレビ番組の表示エリアを拡大した。さらに、リモコンの番組表ボタンを2度押しすることで、すぐに「ミニ番組表」を呼び出せるよう工夫した。

新しい2時間表示の「ミニ番組表」

これまでの「ミニ番組表」。面積が広い割に表示する情報量が少ない

(Phile-web編集部)

関連記事