アイ・オーが32V型液晶テレビを発表、家電製品のコンポーネント化を提案

2005年10月25日

FTV-320H
(株)アイ・オー・データ機器は、32V型の液晶テレビ「FTV-320H」を11月中旬から発売する。価格はオープンだが、139,800円前後での販売が予想される。なお、本機には地上アナログ放送のチューナーが搭載されているが、同社より12月上旬に発売が予定されている外付けデジタルチューナー「HVT-KD300」などと組み合わせ、デジタル放送を楽しむこともできる。


FTV-320Hの背面

FTV-320Hのリモコン
液晶テレビFTV-320Hには、1366×768画素の32V型国産液晶パネルが搭載され、ワイド高解像への対応を実現している。PC接続時には1360×768、1280×768のWXGA解像度での出力にも対応しているので、リビングのテレビとしてだけではなく、PC用の高画質モニターとしても活用できる。またPinPや2画面機能など多彩なマルチ画面機能を搭載しているので、PCを操作しながら子画面でテレビを楽しむといった使い方も可能だ。

インターフェイスにはHDMIが搭載されたほか、D4端子も2系統備えている。スピーカーは本体下部に内蔵したアンダースピーカータイプのデザインを採用している。リモコンには入力ソースをワンボタンで操作できる「ダイレクト操作ボタン」を搭載した。


HVT-KD300

HVT-KD300の背面
デジタルチューナーHVT-KD300は地上・BS・110度CSデジタル放送の受信に対応する。電子番組表や生活情報ネットワーク「Tナビ」に対応する。またD4端子やi.Link端子を搭載し、テレビやDVDレコーダーへの接続を容易にしている。


(株)アイ・オー・データ機器 細野昭雄氏

(株)アイ・オー・データ機器 平野義久氏
同社は本日新製品の記者発表会を開催し、同社代表取締役社長の細野昭雄氏、液晶ディスプレイユニット執行役員ゼネラルマネージャー兼 エンターテインメントユニット執行役員ゼネラルマネージャーの平野義久氏らが出席した。

はじめに挨拶を行った細野氏からは、今回の新製品発表にともない家電周辺機器への本格参入が宣言された。細野氏は、これまでPC用の周辺機器として液晶モニターで多くの実績を築いてきたノウハウを活かし、高画質の液晶テレビを開発することができたとコメントした。同社は今回発表した液晶テレビを軸に、HDDレコーダー「Rec-POTシリーズ」やネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer」との組み合わせによる広範なデジタルエンターテインメントを提案していく考えであるという。


AV家電のコンポーネント化を提案
また昨今は「チューナー内蔵テレビ」、「チューナー内蔵HDD+DVDレコーダー」など「一体化」をコンセプトとしたAV家電製品が多くなりつつある傾向について細野氏は指摘しつつ、同社としてはこれと対極にある「AV家電のコンポーネント化」を提案する考えを明らかにした。

テレビ、レコーダー、チューナーなど、ユーザーが自ら必要な機器だけを組み合わせることによって、「ユーザーが手持ちの資産を無駄にすることなく、ニーズに合わせて必要な機能、足りない機能だけをアップグレードして楽しむスタイルを提案していきたい」と平野氏は語った。同社は本機の販売を同社のWeb直販サイトに限らず、全国の店舗において展開し、「PCモニターとしても活用できる、パーソナルユースの高画質テレビ」として訴求していく考えであるという。

【問い合わせ先】
(株)アイ・オー・データ インフォメーション デスク
TEL/03-4288-1039(東京)
TEL/06-4705-5544(大阪)
TEL/076-260-1024(金沢)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドI-O DATA
  • 型番FTV-320H
  • 発売日2005年11月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格139,800円前後)
【SPEC】●表示画素数:1366×768 ●視野角度:上下左右170度 ●最大輝度:500カンデラ ●コントラスト:800対1 ●応答速度:12ms ●映像入力:HDMI×1、D端子×2、S端子、コンポジット×3 ●受信チャンネル:VHF/UHF/CATV ●消費電力:160W(最大時) ●外形寸法:818.3W×643.8H×280.5Dmm ●質量:19.5kg
  • ブランドI-O DATA
  • 型番HVT-KD300
  • 発売日2005年12月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格59,800円前後)
【SPEC】●外形寸法:280W×57H×292Dmm ●質量:1.7kg

関連記事