日立リビングサプライ、低価格な2.0型液晶搭載スリムデジカメ

2005年04月26日

「HDC-302SLIM」
(株)日立リビングサプライは、2.0型大型液晶モニターを搭載した普及価格帯の315万画素デジタルカメラ「HDC-302SLIM」を5月13日から発売する。価格はオープンだが、16,000円前後での販売が予想される。


本体の奥行きは22mmとスリム
本機は、2004年9月に発売した「HDC-301SLIM」の後継モデル。『わたしサイズ、みつけた。』がコンセプトで、「i.mega」シリーズの新製品として発売する。

撮像素子には315万画素、1/2インチのCMOSセンサーを搭載。こちらは、補間機能により約800万画素(3264×2448ピクセル)の高画素出力が可能。対応記録メディアはSDメモリーカードで、16MBの内蔵メモリーも備える。

約17cm〜約22cmのマクロ撮影機能や、2.0型、約15.4万画素の液晶モニターなどを搭載して基本性能を高めながら、普及価格帯を実現した。

前モデル同様、持ち運びに便利な軽量・スリム設計(グリップ部の薄さ19mm、奥行22mm)とし、携帯性にも優れる。

【問い合わせ先】
株式会社 日立リビングサプライ
TEL/0120-880228

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドHITACHI
  • 型番HDC-302SLIM
  • 発売日2005年5月13日
  • 価格\OPEN(予想実売価格16,000円前後)

関連記事