ビクター、世界初のDVD-RW片面2層ディスク技術を開発

2005年04月04日
日本ビクター(株)は、新開発の高感度記録膜や消去性能を高める新記録方法“N−ストラテジ(仮称)”、および独自の高精度薄膜形成技術により、世界初のDVD-RW片面2層ディスク(合計容量8.5GB)技術を開発した。

本ディスクは片面2層で合計容量8.5GBと、現行のDVD-RWディスク(片面単層で4.7GB)の約1.8倍もの大容量を実現し、1枚のディスクを裏返すことなく最高約11時間の長時間記録ができる。

また、現行DVD-RW ディスク製造設備を用いて本ディスクを大量生産できる「対向貼り合わせ方式」も合わせて開発した。
 
同社は本ディスクの開発により、これまで-Rや+Rだけだった片面2層のDVDディスクに書き換え型の機能を付加し、ビデオレコーダー、PCドライブ、モバイルなど広い分野へ展開を図る。

さらに今後の実用化に向け、もう一段の特性改善を進めるとともに、DVDフォーラムへ規格提案を行い、 DVD-RW 片面2層ディスクの普及、発展に努めていく。

開発したDVD-RW2層ディスクの構成断面図と再生波形

対向貼り合わせ方式
 
DVD-RW2層ディスク実現のためには、信号読み出し面側に半透明で透過率の高い第1記録層(L0層)が必要。通常DVD-RW ディスクで採用されている記録膜では、透過率を高めるために記録層の厚さを薄くすると記録レーザ光の吸収が減少し、マーク(信号記録パターン)の形成と消去が十分にできなくなるという問題があった。

今回、同社はDVD-RWの高速対応ディスクで培った相変化設計技術により、高い透過率を持ちながらも、信号の書き換えを実現する高感度記録膜と、消去性能を高める新記録方法“N −ストラテジ(仮称)”を新開発。さらに、ナノテクノロジーを駆使した高精度な薄膜形成技術とを組み合わせることにより、世界初のDVD-RW片面2層ディスク(合計容量8.5GB)を実現した。

日本ビクター(株)記録メディア事業センター 商品企画部長の上田正人氏

メディアカンパニー テクニカルセンター 主幹技師の松本郁夫氏
 
また、2つの基板に、L1層とL0層それぞれの記録層の積層順を変えて成膜した後、形成された記録層面を向き合わせて中間層で貼り合わせる「対向貼り合わせ方式」を独自に開発。2つの記録層を独立したプロセスで作製し、最後に一体化させるため生産性に優れ、また、現行の製造設備が利用できるので大量生産が可能という。

【問い合わせ先】
日本ビクター(株) 広報室 
TEL/03-3289-2813

(Phile-web編集部)

関連記事