ビクターが新製品「D-ILAプロジェクションテレビ」を先行体験会を開催

2005年03月17日

ブースのイメージ
日本ビクター(株)は、昨年より北米地域で販売を開始しているD-ILAプロジェクションテレビを今夏から日本国内で発売する予定だ。同社はこの発売に先駆けて、一般に向けた新製品の先行体験会を3月26日(土)から4月24日(日)までの毎週土・日曜日にビクター新橋ビルで開催する。

イベントへの参加はインターネットで事前に予約が必要だ。

今回の視聴体験会では、来場者が“自宅のリビングルームで視聴している”と感じることができるような、家庭のリビングルームを再現した体験型ブースを使った展示が行われる。同社はプラズマテレビ、液晶テレビに続く“ビクター第三の大画面薄型テレビ”として、本製品の魅力を訴求していく考えだ。

■「D-ILA プロジェクションテレビ視聴体験会」の概要
1.実施期間:2005年3月26日(土)〜4月24日(日)の毎週土・日曜日
第1部13:00〜14:00、第2部14:30〜15:30、第3部16:00〜17:00
2.会場:ビクター新橋ビル1階(東京都港区新橋1-7-1 新橋駅下車徒歩約5分)
3.対象:インターネットの申込みページにて事前に予約が必要。毎回5組限定
※申し込みページ
http://www.victor.co.jp/sp/dila-tv/
4.展示機種:D-ILAプロジェクションテレビ(北米モデル)61V型および52V型
5.展示内容:家庭のリビングルームを再現した特設ブースにて展示し、まるで“自宅のリビングルームで視聴している”ような感覚をご体験いただけます。

【問い合わせ先】
日本ビクター(株) お客様ご相談センター
TEL/0120-2828-17

(Phile-web編集部)

関連記事