ビクター、第27回東京ビデオフェスティバル「TVF2005」を開催

2004年06月09日

「見て感じたとき 映像は生まれる。」が今回のスローガン
●日本ビクター(株)は、第27回東京ビデオフェスティバル「TVF2005」を開催する。6月10日より作品募集を開始し、9月30日に応募受付を締め切り、来年2月19日に東京・恵比寿ガーデンプレイス内「ザ・ガーデンホール」にて発表・表彰式を開催する予定。

東京ビデオフェスティバル(TVF)は“より多くの人が参加できる市民ビデオ映像の祭典”をコンセプトにしたイベント。27年目を迎える今回は、前回同様、中国・韓国をはじめとするアジア各国からの応募が一段と増加する事が予想され、さらに国際的なイベントとして定着しそうだ。「マスメディアと違ったユニークな発想・手法を用いた作品や“私はこう考える”といった個人的メッセージ、社会問題など、幅広いテーマの作品を広く募集する」(同社)という。

最優秀賞となるビデオ大賞は、賞金50万円、TVFトロフィーのほか、副賞としてビクターデジタルハイビジョンムービーが送られる。また、昨年新設された「ハイビジョンムービー賞」は、もちろん今回も設けられている。

イベントのくわしい開催概要、応募先などは、下記のTVF2005特設サイトを参照されたい。

【作品送付先/お問い合わせ先】
日本ビクター(株)東京ビデオフェスティバル事務局
〒105-0004 東京都港区新橋1-7-1 ビクタービル3F
TEL/03-3289-2815 FAX/03-3289-2819

(Phile-web編集部)

関連記事