≪CEATEC2003≫ビクター、ツインチューナーを内蔵したHDD+DVDレコーダーを公開

2003年10月07日
<左>HDD+DVDレコーダー <右>DVD+VHSレコーダー(いずれも参考出品)
●DVDレコーダー市場では後発となるビクターが、他社にない機能を搭載することで巻き返しを図る。同社ブースではDVDレコーダーを前面に打ち出し、中でも2製品の参考出品が話題をさらっていた。

参考展示されたいたのは、既存のDVD単体レコーダー「DR-M1」にハードディスクを追加したモデルと、DVDレコーダーとVHSデッキを組み合わせたモデルの2つ。HDD搭載モデルは「DR-M1」と同じ筐体を使っているとのことで、外観はほぼ同一。

両機種にはゴーストリダクション付きのダブルチューナー、ダブルエンコーダー/デコーダーが搭載され、たとえば「HDD録画中に裏番組をDVD録画する」といった使い方が可能になる。これは他社製品にはない機能だ。

GUIは現在開発中とのことで、基本的には「DR-M1」を踏襲したかたちになりそうだ。発売日、価格などはまだ未定とのこと。


[ceatec2003report]

(Phile-web編集部)

関連記事