ビクター、「D-Theater」規格を採用したデジタルハイビジョンビデオを発売

2003年01月21日
D-VHSビデオ「HM-DHX1」
●日本ビクター(株)は、デジタルハイビジョン放送の映像も音声もそのままのクオリティで録画できるデジタルハイビジョンビデオ「HM-DHX1」を3月上旬より発売する。価格はオープンだが、11万円前後での販売が予想される。

本製品は、BSデジタルテレビ/チューナーとi.LINK接続することでデジタルハイビジョン放送を最大で4時間録画することが可能だ。また「D-Theater」規格を採用しており、将来発売が期待される国内向け「D-Theater」映画ソフト再生に対応した各種機能を搭載している。

「D-Theater」は、ハイビジョンでD-VHSにコンテンツを記録したパッケージソフト。アメリカではすでに映画作品などが販売されており、国内での販売開始が待たれていた。

さらに本機は、ホームシアターシステムへの拡張性にも配慮しており、D4映像やRCA3ピンのHD色差出力、AAC/PCM光デジタル出力などの端子を装備している。

本機のHSモードでは、現行SD放送(525i)用としては家庭用ビデオ最大の映像転送レート14.1Mbpsで映像を録画可能だ。さらに、音声は48kHz/16bitの非圧縮PCM音声での記録を実現している。
(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番HM-DHX1
  • 発売日2003年3月上旬
  • 価格\OPEN(予想実売価格 11万円前後)
【SPEC】
●録画・録音方式:[D-VHS記録部]D-VHS MPEG2 HS/STD/LS3/LS5モード規格 [VHS記録部]S-VHS方式 ●使用カセット:D-VHS、S-VHS、VHSカセット ●入力端子:S端子×3、映像×3、音声×3(前面含む) ●出力端子:S端子×2、映像×2、音声×2、D1/D3/D4映像×1、コンポーネント映像出力(3ピン)×1、光デジタル音声出力(AAC、PCM、ドルビーデジタル)×1、i.LINK:4ピン×2(MPEG2-TS入出力/DV入力兼用)、アンテナ入出力端子×1、JLIP端子(RS-232C互換)×1 ●外形寸法:435W×94H×383Dmm ●質量:約5.8kg

関連記事