東芝から更なるスリム化と基本性能の充実を実現したDynabookSSシリーズ登場

2002年12月20日
DynaBook SS S6
●(株)東芝から基本性能を向上し、筐体のさらなるスリム化を実現した個人・家庭向けモバイルノートPC「DynaBook SS S6」が発売される。本機は12月の下旬に発売される予定で、価格はオープンだが24万円前後での販売が予想される。

本機はすでに同社が販売する人気モバイルノート「S5」シリーズの後継機となるモデル。今回のモデルでは高速CPU、超低電圧版モバイルIntel Pentium3プロセッサ866MHz-Mを採用し、また30GBの大容量HDDを搭載して基本性能の大幅向上を達成している。

本体は最薄部で約14.9mmの薄さを誇り、また約1.19kgの軽量化も実現している。また大容量バッテリーパックを標準装備し、最大駆動時間約7.7時間を実現しているので、ビジネスユースにも活躍が期待される。本機にはさらにOfficeXP Personalがプレインストールされる。

(Phile-webニュース)
新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番PAS6286PNSL
  • 発売日12月下旬
  • 価格\OPEN(予想実売価格24万円前後)
【SPEC】
●プロセッサ:超低電圧版モバイルIntel Pentium3プロセッサ 866MHz-M
●メモリ:256MB(標準)/512MB(最大)
●内部ディスプレイ:12.1型低温ポリシリコンTFTカラー液晶 1,024×768ドット
●ハードディスク:30GB
●外部スロット:PCカード/CFカード/SDカード
●消費電力:約45W
●外形寸法:幅289×奥行229×最薄部14.9mm
●質量:約1.19Kg(バッテリパック装着時)

関連記事