ビクター、DVDプレーヤー一体型S-VHSビデオ「HR-DS1」ほか2機種を発売

2002年10月23日
左:「HR-DS1」 右:「HR-DF2」
●日本ビクター(株)は、VHS-DVD-CDの3つのメディアを1台のデッキで楽しめるDVDプレーヤー一体型ビデオ製品のラインアップに新たな3機種を加える。今回追加されるのは下記の3モデルだ。

■DVDプレーヤー一体型S-VHSビデオ「HR-DS1」/\OPEN(予想実売価格4.5万円前後)/12月上旬発売
■DVDプレーヤー一体型BS内蔵VHSハイファイビデオ「HR-DF2」/\OPEN(予想実売価格4万円強)/12月上旬発売
■DVDプレーヤー一体型VHSハイファイビデオ「HR-DV2」/\OPEN(予想実売価格3万円強)/11月上旬

今回の新製品3機種ではVHSビデオとDVDプレーヤーを一体化。VHS-DVD-CDの3つのメディアを楽しめる上、省スペース化も一気に実現。それぞれのメディアの再生は一つのリモコンで手軽に操作が可能。またDVDを再生しながら、TV番組のビデオ録画ができ、ビデオ、DVD、CDに加えて、テレビの操作もできる「TVマルチブランドリモコン」も付属する。

ビデオデッキ部は高画質とさらなる使いやすさとを併せて実現。「HR-DS1」では色彩や質感を鮮明に再現するスーパーVHS高画質設計を採用し、別売BS/CSデジタルチューナー、BSデジタルTVと組み合わせ、タイマー予約録画が簡単にできる「BSデジタルリンク予約」などが活用できる。

DVDプレーヤー部はDVD、音楽CDに加え、MP3フォーマットで記録されたCD-R、CD-RW再生にも対応。「HR-DS1」ではテレビにつなぐだけで迫力あるバーチャル・サラウンドが再現でき、映画館の臨場感が楽しめる「3Dフォニック」を搭載。192kHz/24bit対応DACにより、DVD/CDの高音質化を実現した。また「HR-DF2/DV2」両モデルではフロント2本のスピーカーで立体音場を実現する「スペシャライザー」機能を楽しむことができる。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番本文を参照
  • 発売日本文を参照
  • 価格本文を参照
【SPEC】
「HR-DS1」
●AV入力端子:S映像×2(S-VHS側)、映像×2(S-VHS側)、音声×2(S-VHS側)
●AV出力端子:S映像×1(DVD/S-VHS兼用)、映像×1(DVD/S-VHS兼用)、音声×1(DVD/S-VHS兼用)D1映像出力×1(DVD専用)、音声×1(DVD専用)、デジタル音声(光)出力×1(DVD専用)、ビデオコントロール端子×1
●消費電力:23W(動作時)
●外形寸法:435W×98H×357D mm
●質量:4.8kg

「HR-DF2」/「HR-DV2」共通
●AV入力端子:映像×2(VHS側)、音声×2(VHS側)
●AV出力端子:映像×1(DVD/VHS兼用)、音声×1(DVD/VHS兼用)、D1映像出力端子×1(DVD専用)、音声×1(DVD専用)、デジタル音声(光)出力×1(DVD専用)
●消費電力:19W(動作時)/HR-DF2、20W/(動作時)HR-DV2
●外形寸法:430W×99H×311D mm
●質量:4.5kg

関連記事