ビクター、D4端子装備の高機能AVセレクターを発売

2000年09月20日
JX-S555 ¥46,000
●日本ビクター(株)は、BSデジタルチューナーやDVDプレーヤー、D-VHSデジタルハイビジョンビデオなどの最新のデジタルAV機器から従来のAV機器まで対応し、ホームシアターシステムを集中コントロールするセレクターとして、業界で初めてD4端子を搭載したAVセレクター「JX-S555」を発売する。

それ以外の入出力端子も充実しており、入力5系統、出力3系統、モニター出力2系統、オーディオ専用モニター出力1系統の豊富な入出力端子を搭載。例えば「ビデオデッキ3台、BSデジタルチューナー、DVDプレーヤー、テレビ、プロジェクター、AVアンプ」というホームシアターシステムも、簡単なボタン操作で入力切換や相互ダビングができる。

また、S映像信号とビデオ映像信号の相互変換を可能にするY/C分離・混合回路を搭載。S映像端子の無いビデオ機器とS映像端子付のビデオ機器もスッキリ接続でき、お手持ちのシステムをそのまま活かせる。S映像入力とビデオ映像入力は12MHzのビデオアンプ搭載により、水平解像度960本に対応し、DVDなどの高画質な映像をそのままのクオリティで伝送する(コンポーネント映像信号は30MHz対応)。

加えて本機には、例えば「BSデジタルチューナーからビデオデッキにダビング中にDVDを見る」などダビング中に他の映像を見ることができる「モニターセレクト」機能を搭載。これまで以上に自由なAVライフが本機によって実現するだろう。(AV REVIEW編集部)

新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番JX-S555
  • 発売日12月1日
  • 価格¥46,000
【SPEC】●入力端子:5系統(D4映像・S映像・音声L/R)×3系統、(S映像・映像・音声L/R)×2系統 ●出力端子:3系統(S映像・映像・音声L/R)×2系統、(S映像・音声L/R)×1系統 ●モニター出力端子:2系統(D4映像・S映像・音声L/R)×1系統、(S映像・映像・音声L/R)×1系統、音声専用モニター出力1系統(音声L/R)*S端子はS1/S2対応 ●映像周波数帯域:12MHz、コンポーネント映像信号は30MHz ●消費電力:13W(スタンバイ時1.5W) ●外形寸法:435W×84H×256Dmm(脚部含む) ●本体質量:2.8kg

関連記事