HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

e☆イヤホンさんもオススメ

人気ショップ店員に訊いてみた!ボーズBluetoothスピーカー「SoundLink Color」が人気の秘密とは?

記事構成:ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2015年09月29日
外出先でもカジュアルに楽しめる“ポータブルオーディオ”の分野で人気を集めている製品の1つが、“Bluetoothスピーカー”だ。スマホなどの対応機器とワイヤレスで連携させて、手軽に音楽を楽しめることもあり、最近では小型モデルや音質を高めたモデルなど多くのラインナップが揃って市場を賑わせている。そんなBluetoothスピーカー業界の中で、2014年の登場時から店頭で多くの人の目を引いているのがボーズの「SoundLink Color Bluetooth speaker(以下、SoundLink Color)」だ。

SoundLink Color Bluetooth speaker

>>ボーズ製品サイトはこちら


SoundLink Colorは、本体サイズ128W×135H×54Dmm、質量530gの小型・軽量なポータブルBluetoothスピーカー。本体色はブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ミントとカラフルな5色を揃えている。スピーカー部には、2基のスピーカーユニットを搭載。また、ボディの小型化と低音再生の強化を両立する“デュアル・オポージング・パッシブラジエーター”など、音質を高める技術も投入されている。

e☆イヤホン秋葉原店のBluetoothスピーカーコーナーの様子。強力にプッシュされています

様々なBluetoothスピーカーが登場している中で、去年登場したSoundLink Colorが今も店頭で注目される理由は何か? そこで今回は、ヘッドホン/イヤホンショップ e☆イヤホンさんを直撃し、お店で人気の秘密を3人の店員さんに尋ねてみた。

SoundLink Colorの人気について、店員さんに直接きいてみました!


【おすすめポイント1】
誰でも使いやすい!デザインも可愛くて女の子にもお薦めしたい



−− SoundLink Colorが店頭で注目される秘密を伺っていきたいと思います。まず、店員さんの目線で見たSoundLink Colorの魅力って何でしょう?

亮太さん: そうですね、まず“ボーズ”というネームバリューが強いこともあって、Bluetoothスピーカーを初めて買う方でも何となく“知っているブランド”ということで目につきやすいというのはあると思います。実際に、ボーズ製品は店頭で最初にぱっと手に取るお客さんが多いですよ。

西亮太さん

同じボーズの上位機種「SoundLink Mini II」なんかは、そのコンパクトさもあって“鉄板商品”の1つですが、価格が2万円を超えるとエントリーユーザーさんには「ちょっと高い」という印象になるみたいで。その点、15,000円前後のSoundLink Colorには手を出しやすいというのも大きいと思います。僕ら店員目線でも、「Bluetoothスピーカーが欲しいけど、何を買ったら良いかわからない」というエントリーユーザーさんにお薦めしやすい1つですね。

舞さん: サイズ感もコンパクトで良いと思います。本体が分厚くなく、軽くて鞄にしまいやすいので、持ち運びやすいですし。

李音さん: あと、誰でも使いやすいところかな? 操作部のボタンは、ぱっと見ただけで使い方に迷わないわかりやすさがあると思います。それに、女の子にも使いやすいデザインだと思うんです。“ボーズ”ってブランド名を聞くと、あまり詳しくない人はなんとなく「かた〜いイメージ」を持つ人も多いんじゃないでしょうか。ボーズの業務用の黒いスピーカーが、お店に置いてあるイメージとかあるじゃないですか。でも、このSoundLink Colorは見た目の通りポップなデザインで、女の子にもぜひお薦めしたいです。

新井李音さん

臼井舞さん

こんな曲に合う!SoundLink Colorで聴くお薦め音楽はコレ

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事