HOME > インタビュー > 記事

レビュー

アナロググランプリ2021 受賞インタビュー
「アナログ感覚が感じられ、オーディオファンに推薦するにふさわしいアナログ再生に欠かせない機器」を選出し、13年目を迎えたアワード「アナロググランプリ2021」。Gold Awardを受賞したJUNONブランドを展開するトライオードの社長 山崎順一氏が、受賞の栄誉とともに、真空管オーディオに対する取り組みと思いを語った。
[2021年05月17日]
『Misty』が新たに蘇る
山本 剛トリオのアルバム『Misty』はその演奏の素晴らしさと録音の良さによって日本のジャズ史上屈指の名盤だ。その『Misty』が、セルフカバーによるダイレクトカッティング『Misty for Direct Cutting』として蘇ることとなった。ダイレクトカッティングの醍醐味を改めてインタビューで振り返ってもらった。
[2021年05月11日]
【特別企画】最高級とカジュアル、2つのシステムを体験
Official髭男dism『ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-』のミックスを担当したエンジニア・古賀健一氏と、デノンのオーディオからAVアンプまで手がけるサウンドマスター・山内慎一氏が邂逅。イマーシブサラウンドにおけるソフト側/ハード側の作り手同士は、一体何を語るのだろうか。
[2021年04月30日]
新製品の魅力と今後の日本展開について訊く
ファーウェイから新製品が本日4月20日に登場。本記事では同社コンシューマー向け端末事業の日本市場のトップ、楊涛(Yang Tao/ヤン・タオ)氏にインタビューを実施。2020年6月の就任から今日までを振り返りながら、新製品や今後の日本での展開について伺った。
[2021年04月20日]
【特別企画】“DIY”で作られたこだわりのスタジオ
2月24日にリリースされた「Universe + Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 - Arena Travelers -」。本ライブBDに収録された7.1.4chドルビーアトモス音声を手がけたエンジニア・古賀健一氏にインタビューを敢行。こだわりの個人スタジオについてや、そこに導入されたというデノン「AVC-A110」について、そしてヒゲダンBDについて伺った。
[2021年04月16日]
齊藤工、山田孝之との共同監督作品
季刊analog誌で、幾度となく登場して頂いた竹中直人さん。監督作としては実に7年ぶりに製作した映画『ゾッキ』が完成し全国で劇場公開となっている。製作のきっかけから、込められた想いや撮影時のエピソードなどを、独占インタビューにより語って頂いた。
[2021年04月06日]
【特別企画】ANCか、いい音か。スタッフが語る最新トレンド
「音質」「装着感」にこだわりを見せるNoble Audioの完全ワイヤレスイヤホン「FALCON2」「FALCON PRO」。盛り上がる完全ワイヤレスイヤホン市場の中で、この“こだわり”は実際どのように受け止められているのか。そもそも今、完全ワイヤレスイヤホンというジャンル全体のトレンドは何なのか。販売の最前線2か所に直接尋ねてみた。
[2021年03月25日]
【PR】お好きなINORAN&LUNA SEA楽曲にハマる一台はこれ!
新アルバム『Between The World And Me』を発表したINORANに “オーディオ視点” でインタビュー!さらにAcoustuneのハイエンドイヤホンで新曲との相性もチェック。楽曲の魅力を引き出す4モデルを徹底レビューする。
[2021年03月19日]
「史上最“恐”画質」は伊達じゃない!
「日本映画専門チャンネル」および、「日本映画+時代劇4K」にて、「『ゴジラ』シリーズ 4Kデジタルリマスター 最恐画質 8ヶ月連続放送」と銘打たれた特集放送が3月6日(土)放送の『ゴジラ(1954年)』<4Kデジタルリマスター版>を皮切りに開始される。今回、放送に当たって4Kレストア版の製作を担当した東京現像所の清水氏、小森氏にインタビューを敢行。その魅力に源泉に迫った。
[2021年03月06日]
【PR】最新デジタル技術が実現する“ピュアオーディオの魂”
テクニクスの最上位リファレンスクラス初となるプリメインアンプ「SU-R1000」。前編の試聴レビューに引き続き、鴻池 賢三氏が本気の開発メンバーにインタビューを敢行。製品が誕生した背景、技術面での詳細やこだわりを解き明かして行く。
[2021年02月22日]
[PR]ラックがプロの作業効率を上げた
オーディオアクセサリー・ブランドTAOCの製品を愛用するユーザーを訪ね、導入までのいきさつやその効果について、語っていただく特別対談企画がスタート。その記念すべき第1回目として、テイチクエンタテインメントのマスタリングスタジオTEMASを探訪した。
[2021年02月09日]
既存の製品に新たなアイデアを加えることで需要を創出
1976年に石川県で創業、PC周辺機器メーカーとして国内で大きなシェアを持つアイ・オー・データ機器。コロナ禍において、テレワークの推奨やライフスタイルの変革が迫られる中で、2020年はコンシューマー市場において大きな売上を伸ばした。コロナ禍におけるビジネスへの取り組みについて、社長・田尚則氏に話をうかがった。
[2021年01月28日]

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ