オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
『季刊analog vol.55』で試聴レポートを掲載

ウェルテンパード、スタティックバランス型アーム搭載のターンテーブル「Simplex MkII」

季刊・アナログ編集部
2017年03月24日
ウェルテンパード(Well Tempered Lab.)は、物理学者による斬新な発想と緻密な構想によって作られた、独創のアナログターンテーブルの最新となるベーシックモデル「Simplex MkII」を発売。価格は320,000円(税別)。

Well Tempered Lab「Simplex Mk U」

フラッグシップモデルVersalexのコンセプトを継承しながら、よりシンプルに、そしてよりコンパクトにまとめ上げられている。

創始者ウィリアム・ファイアバー(William Firebaugh)氏による、ピボットを持たないオイルフロートの糸づり式という独創的なトーンアームが特徴的な同ブランドのプレーヤー。本機には、アップグレードしたスタティック・バランス型の最新モデル「Well Tempered Standard Tonearm」を搭載。

特徴的な糸づり方式オイルダンプのトーンアーム部

また、プラッターは適度な内部損失と機械的安定性を持ち合わせたブラックアクリル製で、滑らかな回転を実現する三角形のスピンドルホールが採用されている。

駆動方式は、0.004 インチの極細ポリエステル線によって行われるストリング・ドライブ。回転数は33 1/3、45rpm(速度微調整可)となっている。

モーターはDC モーターで、本体サイズは380W × 165H ×380Dmm、質量は6.2kgとなっている。

好評発売中の『季刊analog』誌の最新号vol.55では、本機の試聴レポートを掲載している。

『季刊analog』最新号vol.55

●取り扱い
楫音舎(しゅういんしゃ)
Tel/048-596-5237

関連記事