• ブランド
    特設サイト
公開日 2012/04/11 18:22

【レビュー】iPadでフルセグ地デジが見られる無線LANルーター、 I-O DATA「Wi-Fi TV」を試す

簡単なセットアップの手順も紹介
ファイル・ウェブ編集部:山本 敦
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アイ・オー・データ機器から、地デジチューナーを搭載した無線LANルーター“Wi-Fi TV”「WN-G300TVGR」が4月中旬から発売される。本機を導入することで、無線LAN環境が構築できるだけでなく、iPhone/iPad/iPod touch、またはWindows PCにアプリをインストールすることで、地デジもワイヤレスで楽しめるようになる。今回はiPad 2を使って本機の使い勝手を一足早く試してみた。


■“Wi-Fi TV”本体のセットアップ


“Wi-Fi TV”「WN-G300TVGR」の本体。付属のスタンドで縦置きできる

iPad2と並べたサイズ比較
“Wi-Fi TV”本体のサイズはiPad 2を一回り小柄にしたほど。付属のスタンドを使って縦置き設置ができる。

本体にインターネットとアンテナ、電源ケーブルをつなぐ。ハブとしての機能では、無線LAN経由で最大8台の機器を接続できるほか、背面のイーサーネット端子経由で3台の機器を有線でつなげられる。無線LANの規格はIEEE802.11n/g/b対応。

背面端子部

電源を投入するとブルーのガイドランプが点灯する

iPhone/iPadを無線LANに接続するには、QRコードを使って簡単セットにアップができる専用アプリ「QRコネクト」が便利だ。“Wi-Fi TV”の背面にプリントされているQRコードを、iPad等の内蔵カメラを縦位置に構えて読み取るだけでネットワークプロファイルが作成され、これをiPadにインストールするだけで自動で無線LANの設定が完了するので、セキュリティーコードの入力を省略できる。なお本機では「WPS」による簡易設定にも対応している。

裏側側面にQRコードがプリントされている

「QRコネクト」のアプリを立ち上げて、iPadのカメラでQRコードを読み取る


ネットワークプロファイルが作成され、インストールすれば無線LANの設定が完了する

■専用アプリ「テレキングmobile」でテレビ視聴を楽しむ

“Wi-Fi TV”でテレビ番組を視聴するためには、本体背面に地上デジタル用miniB-CASカードを挿入する必要がある。また、iPadなどモバイル端末側には視聴用アプリをインストールする。iOS端末用には無料の専用アプリ「テレキングmobile」が用意され、iPadにもネイティブ対応している。

地上デジタル用miniB-CASカードを背面のスロットに挿入する

無料で公開されている「テレキングmobile」

本機はシングルチューナーのため、複数台のiPadやiPhoneを使って同時にテレビを視聴することはできない。ただし「テレキングmobile」を複数の機器にインストールすること自体は当然できる。

iPadにインストールが完了

さっそく起動してみる

アプリをインストール後、起動してみる。初回起動時にはチャンネル設定が自動で行われる。テレビ画面が立ち上がった後は、画面をタップすればチャンネルセレクターが表示され、タップ操作でチャンネルが切換えられる。操作自体は確かに手軽なのだが、チャンネルの切換えに約10秒近くのタイムラグがあるため、もう少しレスポンスを向上させてほしいところだ。

初回の起動時にはチャンネル設定が自動でスタートする

チャンネルの割り当てが完了


テレビ視聴中に画面をタップするとチャンネル選択メニューが立ち上がる

局名を選ぶか、左右矢印アイコンをタップしてチャンネルを切り換える
またアプリがマルチタスクに対応していないため、例えば視聴中に番組で紹介されたキーワードをメモアプリなどで書き留めておきたいといった際、アプリを切換えた時点で「テレキングmobile」が終了してしまう。もう一度テレビを見たい時にはアプリを再起動しなければならず、この点の使い勝手は不便に感じられた。今後、ファームウェアのアップデートで改善されることを期待したい。

テレビ画面を映しながら、隣にブラウザを2画面表示できる機能は、使ってみるととても便利だ。画面下のメニューバーに「ブラウザ」アイコンが表示され、これをタップするとテレビとブラウザを1画面で見られる。例えば最近のテレビCMにありがちな“詳細はWebで”紹介している商品の追加情報に、素速くアクセスして調べられると思う。

テレビとブラウザの2画面表示が可能

iPadのキーボードでWeb検索のキーワードを入力


ブラウザに検索結果を表示したところ。右上メニューバーの隅に小さくテレビの映像が表示されている
テレビとWebとの2画面表示は、それぞれの画面サイズをスワイプ操作で自在に変えられる。またテレビ側の画面はフル表示から、さらにピンチズームして一部を拡大表示することもできる。

テレビ対Webの画面サイズの大きさは自由に変更できる

テレビ画面のズーム表示も可能


■フルセグの映像をiPadで快適に見られる便利さを実感

本機を使ってみて、宅内の色々な場所でiPadを手元にテレビが見られることの便利さを改めて実感した。画質もフルセグ対応なので、ワンセグチューナーで見るよりも快適さは格段に高い。また、常時電源につないでいる据え置き型のルーターとの組み合わせなので、モバイル・ワンセグチューナーのようにバッテリーの残量を気にする必要がないのも頼もしい。ただし、本機は地上デジタル放送のみの対応なので、BS/CSは視聴できないことはあらかじめ知っておきたい。

また、それほどポピュラーな用途にはならないかもしれないが、夜中に大画面でテレビを見たい時などには、映像はテレビで見つつ、手元のiPadで同じチャンネルを視聴しながら音声を再生して、リスニングサポート用スピーカーのように活用しても良いかもしれない。

アンテナ線を分配すれば、テレビを見ながら“Wi-Fi TV”で別のチャンネルを同時に視聴することも可能だ

なお「テレキングmobile」での視聴時に、SCMS-Tに対応したロジテックのBluetoothイヤホン「LBT-HP04」をつないでテレビの音をワイヤレスで聴くこともできた。

iPadやiPhoneの購入を予定していて、なおかつインターネット環境を無線化したいと考えている方々には、1台で2度おいしい本機は魅力的だろう。

一方、すでに無線LAN環境があるユーザーにとっては、本機を購入すると無線LAN機能が重複してしまうことになる。こういったユーザーにとっては、以前レビューした3波対応のフルセグチューナー「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー」も有力な選択肢となるはずだ。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック

クローズアップCLOSEUP
アクセスランキング RANKING
1 ティアック、新型ディスクリートDAC搭載のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「UD-507」
2 JBL、「ながら聴き」できるUSB Type-C接続対応・インナーイヤー型イヤホン「TUNE305C」。約3600円
3 女子プロゴルフ「リゾートトラスト レディス」5/23から4日間の放送・配信予定
4 「LUMIX S9」で“スマホとカメラの新しい関係”を実現。発表会で語られた狙い
5 Bluetoothもレコードもイケる「今ドキ」スピーカー。カナダ発・Kanto Audio「YU4」のコスパがスゴい
6 アップル、日本でも心房細動履歴をApple Watchで利用可能に
7 手持ちのスマホでDVDが再生できる「CDレコ5v」。移動中の利用も可能
8 ハイセンス、4K液晶テレビ新エントリー帯「U7N」。上位機譲りの144Hz駆動や機能を搭載
9 ゲオ、Bluetooth ver.5.4対応の2.0chサウンドバースピーカー。税込4378円
10 【Amazonセール】15台限定! SOUNDPEATSの高コスパ完全ワイヤレスが5千円切りに!
5/24 10:52 更新
MAGAZINE
音元出版の雑誌
オーディオアクセサリー192号
季刊・オーディオアクセサリー
最新号
Vol.192
オーディオアクセサリー大全2024~2025
別冊・ケーブル大全
別冊・オーディオアクセサリー大全
最新号
2024~2025
プレミアムヘッドホンガイドマガジン vol.21 2023 WINTER
別冊・プレミアムヘッドホンガイドマガジン
最新号
Vol.21
プレミアムヘッドホンガイド Vol.31 2024 SPRING
プレミアムヘッドホンガイド
(フリーマガジン)
最新号
Vol.31(電子版)
VGP受賞製品お買い物ガイド 2024年冬版
VGP受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2024年冬版(電子版)
DGPイメージングアワード2023受賞製品お買い物ガイド(2023年冬版)
DGPイメージングアワード受賞製品お買い物ガイド
(フリーマガジン)
最新号
2023年冬版(電子版)
音元出版の雑誌 電子版 読み放題サービス
「マガジンプレミアム」お試し無料!

雑誌販売に関するお問合せ

WEB
  • PHILE WEB
  • PHILE WEB AUDIO
  • PHILE WEB BUSINESS
  • ホームシアターCHANNEL
  • デジカメCHANNEL
AWARD
  • VGP
  • DGPイメージングアワード
  • DGPモバイルアワード
  • AEX
  • AA AWARD
  • ANALOG GPX