HOME > レビュー > 面倒がらずに使ってみるべし!テレビとYouTubeアプリの連携で捗りまくり

【連載】ガジェットTIPS

面倒がらずに使ってみるべし!テレビとYouTubeアプリの連携で捗りまくり

2022/06/17 海上忍
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
近ごろのテレビはネット対応が当たり前、いろいろなアプリが用意されています。なかでも人気は「YouTube」、テレビならではの大画面で好きなコンテンツを視聴できるのはうれしいですよね。しかし、検索するとなると...テレビのリモコンはスマートフォンに比べ文字入力が苦手ですから、ストレスになりかねません。

そんなとき利用したいのがスマートフォンのYouTubeアプリ。使いかたはかんたん、あらかじめテレビの電源を入れておき、同じWi-Fiに接続されたスマートフォンのYouTubeアプリで見たい番組を探し出し再生すればOK。ムービー画面の右上あたりに表示されたキャストアイコン(テレビのマーク)をタップすれば、同じムービーがテレビのYouTubeアプリで再生されるはずです。

キャストアイコンをタップするとテレビで再生できる

自分はYouTubeのアカウントを持っていないし、ログインするのは面倒だから避けたい、という場合も安心を。キャスト先の候補に表示されるデバイス名は、同じWi-Fiに接続しているキャストが可能なものに限られますが、ログイン手続きなしに再生が始まります。Fire TV StickのようにテレビのHDMIポートに挿しているデバイスでも、テレビがHDMI-CEC対応であれば自動的に入力先が切り替わるので心配いりません。

ところで、YouTubeでキャスト先を検出し、映像の再生を開始するときには、GoogleとNetflixが共同開発した「DIAL(DIscovery And Launch)」と呼ばれる技術が利用されています。当初の目的だったGoogle Chromecastではもはや利用されていませんが、現在ではYouTubeとテレビの連携力アップにひと役かっています。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE