背面タップでアプリ起動/人との距離を測る拡大鏡など

iPhoneがもっと便利になる!「アクセシビリティ機能」を活用しないのは損!

  • Twitter
  • FaceBook
山本敦
2020年12月02日
アップル製品のOSに搭載されている「アクセシビリティ」の機能は、視覚や聴覚など身体機能に障がいを持つ方々もデバイスをスムーズに使いこなせるように設けられている。しかし、なかには障がいの有無を超えて多くのユーザーに役立つ機能もある。

今回は最新のiPhone 12シリーズで活用したいアクセシビリティ機能をセレクトしてみた。自身で活用しつつ、役立つものがあればぜひ周囲のiPhoneユーザーに伝えてほしい。

LiDARスキャナを搭載するiPhone 12 Proシリーズだけで使える、拡大鏡の「人の検出」などアクセシビリティの機能をマスターしよう

iOSの場合は、設定アプリに入るとリストに「アクセシビリティ」のメニューが並んでいて、様々な機能のカスタマイゼーションが行える。

設定からアクセシビリティに入るとiPhoneをさらに使いやすくする様々な機能が並んでいる

例えば「AirPods」を選択すると、イヤホンのリモコンの操作間隔を微調整できる。またAirPods Proは通常、片側だけ装着した場合は「外部音取り込み」になるが、これを「ノイズキャンセリング」に切り換える設定もある。

さらに深く「オーディオアクセシビリティ設定」に入り、トップに並ぶ「ヘッドフォン調整」から「カスタムオーディオ設定」を選ぶと、対応するイヤホン・ヘッドホン(AirPodsシリーズ/Beats)によるサウンドの聴こえ方をアレンジできる。

ヘッドフォン調整からAirPodsシリーズやBeatsのヘッドホン・イヤホンの音の聞こえ方を最適化できる

同じAirPodsのメニューうち、オーディオアクセシビリティ設定の中には、iPhoneの消音スイッチがオンになっているとき、メッセージなど通知が着信した場合に、LEDフラッシュで知らせてくれる設定項目もある。

同じ機能設定のメニューには、アクセシビリティの「オーディオ/ビジュアル」からも入れる。「オーディオ/ビジュアル」の中にある「電話ノイズキャンセリング」をオンにすると、周囲が騒がしい場所でもiPhoneの通話音声が聞き取りやすくなる。

アクセシビリティの「タッチ」に入り「背面タップ」を選択すると、iPhoneの背中をダブルタップ/トリプルタップするジェスチャーによって起動する操作が選べる。筆者の場合は、頻繁に使う画面のスクリーンショットやiOSの「ショートカット」アプリから「マイショートカット」に登録したコマンドを、それぞれの操作に割り当てながら使っている。

iPhoneの背面をダブル・トリプルタップする操作に機能が割り当てられる

LiDARスキャナを搭載するiPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Maxには、ARKitのピープルオクルージョンを利用して、iPhoneのカメラの視野に人がいることを検知した際、その人までの概算距離を知らせてくれる「拡大鏡」アプリの新機能「人の検出」がある。視力が弱い方に限らず、すべてのiPhone 12 Proシリーズのユーザーが、昨今のコロナ禍中に適切なソーシャルディスタンスを保つことに役立ってくれるだろう。

LiDARスキャナを搭載するiPhone 12 Proシリーズの拡大鏡にはカメラを使って正面に立つ人との距離を測れる「人の検出」がある

このほかにも、Webページやメールのテキストを音声で読み上げてくれる「読み上げコンテンツ」、頻繁に使うアクセシビリティの機能にiPhoneのサイドボタンをトリプルクリックして呼び出せる「ショートカット」設定などがある。アクセシビリティ機能の進化に今後も注目したい。

関連記事