【連載】ガジェットTIPS

iPhoneの充電器にある「謎のローマ数字」。その意味とは?

海上忍
2020年09月02日
ACアダプタの背面や側面を見ると、電流や電圧などのスペック情報にくわえ、いろいろなロゴが印字されています。「PSE」は電気用品安全法の基準をクリアしているとか、ロゴひとつひとつには意味がありますが、意味不明なままやり過ごされているものも少なくなさそうです。

いろいろなロゴが印字されています

ACアダプタなどの外部電源に印字された “丸にローマ数字” は、対応するエネルギー効率基準を意味します。米国エネルギー省は、ACアダプターや電圧変換器などの外部電源装置(取り外し可能な電池パックの充電器など一部を除く)に対し待機時消費電力/無負荷電力の義務的規制を導入しており、それに準拠した証として “丸にローマ数字” を表示しているのです。

たとえば、出力250W以下のレベル5(丸にV)対応の製品は、無負荷状態での最大電力消費量が0.3W以下です。2016年2月以降に販売されるACアダプタにはより厳しいレベル6(丸にVI)対応が求められ、無負荷状態での最大電力消費量は0.21W以下でなければなりません。

スマートフォンなど、ほぼ共通の仕様で全世界に向け販売される製品(グローバルモデル)のACアダプタは、当然米国でも販売されますから、対応するエネルギー効率基準の表示が確実にあります。iPhoneに付属のACアダプタも例外ではありません。かなり小さいため見るには虫眼鏡が必要なレベルですが、「5W USB電源アダプタ」には丸にV、「18W USB-C電源アダプタ」には丸にVIの表示があるはずですよ。

「5W USB電源アダプタ」には丸にVの表示があります

関連記事