Rumor Roundup

新AirPodsはノイキャン搭載で確定か、iOS 13開発者向けベータにイラスト見つかる

編集部:風間雄介
2019年10月03日
新型AirPodsにノイズキャンセリング機能が搭載されるのではないか、という噂はかなり前から囁かれていたが、それが近い将来に実現するかもしれない。

米9to5 Macは、 iOS 13.2の開発者向けベータから、ノイズキャンセリング機能を搭載したと思われるAirPodsのイラストが見つかったと報じた

イラストは、AirPodsにイヤーチップが取り付けられたように見える。遮音性を高めるためのものであることは明白だ。

また同サイトによると、OSの設定に「focus mode」という新たなモードが加えられたとのこと。これがノイズキャンセリング機能と考えると、イヤーチップで遮音性を高めていることと合わせて、辻褄が合う。

iOSのバージョンは、現在iOS 13.1.2となっている。もしiOS 13.2の登場にあわせてこの新AirPodsが登場するとしたら、意外に早く発売される可能性がある。

なお完全ワイヤレスイヤホンでは、ノイズキャンセリング機能が新たなトレンドになりつつある。

ソニーは以前から搭載しており、WF-1000XM3でその完成度を高めた。Amazonはボーズのノイズリダクション技術を搭載したモデルをアメリカで発売した。ファーウェイも、IFAでノイキャン搭載のオープン型完全ワイヤレスイヤホンを発表した。その他のメーカーも続々とノイキャン機能を搭載したモデルをアナウンスしている。

関連リンク

関連記事