アップルTIPS

「声で選局」がもっと便利に! iOS 13 & HomePodでネットラジオを楽しむ

山本 敦
2019年09月02日
筆者は自宅で原稿を書いたり、家事をするとき、よくスマートスピーカーでインターネットラジオを聞いている。そこで今回は、アップルのSiri対応スマートスピーカー「HomePod」でインターネットラジオを楽しむ際、覚えておきたい便利な再生方法を紹介しよう。

HomePodで楽しむインターネットラジオ再生の上手な使い方を検証してみた

HomePodは、アップルの音声アシスタント「Siri」に対応した初のスマートスピーカーだ。Apple Musicが配信する音楽を、声で検索・再生して聴くことができる。

アップルのインターネットラジオサービスには、Apple MusicのRadioステーションがある。洋楽中心のライブキャスト「Beats 1」がその代表格だ。Siriを使うと、声でApple Musicの好みのラジオステーションを呼び出し、聴くことができる。

早速、HomePodのSiriを使って、声でラジオ再生をしてみよう。例えば「Hey Siri、“トゥデイズ J-POP”を再生して」と話しかけてステーションを選局したり、「Hey Siri、“Matt Wilkinson”(Beats 1の人気チャンネル)を再生して」と話しかけると、最新エピソードの再生が始まった。

Apple MusicのRadioステーションは、HomePodからのSiriによる音声操作にも対応していた

「ドイツのラジオを流して」と話しかけてみたところ、タイトルに「ラジオ」を含むドイツのポップス系ミュージシャンの楽曲が再生された

もっと乱暴に「ラジオを流して」と話しかけてみると、Apple Musicのラジオステーションから「洋楽ヒットチャート」を選局。次に「ドイツのラジオを流して」と話しかけてみると、今度は「LAURA LATO」というドイツ人アーティストの「Asche der Nacht (Radio Edit)」という曲が流れはじめた。

だが、Apple Music内のラジオステーション以外は、Siriで指定して再生することは難しそうだ。いずれにせよ海外のラジオステーションの場合、音声で指定した検索ワードを正確に認識してくれないこともあるので、TuneInラジオアプリからステーションを検索・指定して聞く方法がシンプルで効率も良さそうだ。

TuneInアプリはAirPlayに対応している。画面中央のAirPlayアイコンをタップしてからHomePodを選択する

TuneInアプリは聴いたことのないステーションを音楽ジャンルや地域から検索する際に便利なUIを特徴としている

人気のIPサイマルラジオサービス、radikoは、AmazonやGoogle、LINEのスマートスピーカーでは、すでに声で再生指示ができる。だがHomePodの場合は、今のところいったんiOSデバイスを仲介する必要がある。iPhoneなどでradikoアプリを開き、AirPlayでHomePodに飛ばすという手順だ。radikoの再生中にコントロールセンターを開き、radikoの右上にあるAirPlayアイコンをタップ。HomePodを再生先スピーカーとして指定する。

radikoアプリも少しわかりにくいが、コントロールセンターを起動してからAirPlayアイコンをタップしてストリーミング先を選ぶ

秋に正式リリースが迫るiOS 13では、アップルの「ミュージック」アプリから、Apple Music以外のインターネットラジオが検索できるようになる。アプリで検索し、ステーションを選んでAirPlayでHomePodに飛ばす操作方法はTuneInと一緒だ。

iOS 13はミュージックアプリから主要なインターネットラジオステーションが検索できるようになる。音楽ジャンルや地域から検索することはできないようだ

ただ、面白そうなラジオステーションを音楽ジャンルや地域などから探したい場合は、やはりTuneInラジオアプリの方が楽だ。今後は、Siriによる選局がより便利になるだろうか? iOS 13の正式リリース後に、また試してみたい。

関連リンク

関連記事