ホームシアターCHANNEL 連携企画「シアターインテリア探検隊!」第3回

イケアで買える「リビングシアターに最適なソファ&チェア」はコレだ! 厳選3アイテムを記者が体験!

ホームシアターファイルPLUS編集部:塚田真由子
2019年08月07日
■リビングシアターに最適な椅子は?

ホームシアターの満足度を高めるためのインテリアをご紹介する連載「シアターインテリア探検隊!」。第3回は、前回に引き続き、スウェーデン発祥の大手家具量販店「IKEA(イケア)」を突撃! 中編となる今回は、リビングシアターに最適なソファやチェアに注目しました。

前回と同様、「IKEA Tokyo-Bay」のローカル・マーケティング・マネージャー、山下貴之さんにソファやチェアの解説をしていただきながら、編集部の塚田が実際に座り心地を確かめました


イケアのソファエリアにはシミュレーションソフト「ソファプランナー」が設けられています。シートや寝椅子、オットマンなどをドラッグするだけで、組み合わせイメージやサイズ、価格などがひと目でわかるようになっています。対応しているソファは、「VIMLE/ヴィムレ」「LIDHULT/リードフルト」などの7シリーズ

■深々と座れるゆったりソファ

リビングシアターの快適度を高めてくれるのがソファやチェア。いずれの場合も、映画一本は100分以上の場合がほとんどなので、長時間座っていても疲れにくいものを選びましょう。

「KIVIK/シーヴィク」3人掛けソファ寝椅子付き \87,990(税込) ※ヒッラレド ダークブルーの場合。<塚田のコメント>予想以上にゆったりと広々とした座面、低く幅広のアームレストのおかげで、ゴロンと横に寝転ぶことも可能。体型や好みによってはクッションを腰部分に当てて座り心地を調整するのがよいでしょう

山下さんにご紹介いただいたソファ「KIVIK/シーヴィク」は、イケアのロングセラー製品。2〜3人掛けのほか、寝椅子や収納付きのフットスツール(オットマン)も用意されており、組み合わせるとカウチソファのように脚をソファの上に投げ出せ、長時間座っていても快適。座面の上層部には形状記憶フォームを採用。適度な反発力で体を支えてくれます。

■頭部を支えるハイバックソファ
■大きな存在感を放つウイングチェア

>>残り2つはどんな製品? 気になる記事の続きは「ホームシアターCHANNEL」で!

関連記事