ホームシアターCHANNEL 連携企画

インテリアに調和する“北欧スタイル”ホームシアターにオススメ。DALI「OBERON」を聴く

鴻池賢三
2019年06月26日
■日本人の心を掴む「北欧スタイル」

日々の暮らしを豊かにするには、快適で癒しのある空間が大切です。近年は「北欧インテリア」が一時のブームを超え、基本形のひとつとして根付いた感もあります。それもそのはず、「北欧スタイル」は機能とデザイン性の両面で洗練度を増してきており、シンプルで自然の温もりが感じられる、また心穏やかに暮らせる空間は、私たち日本人の心を掴んで離しません。

デザインも使い方もシンプルな北欧スタイルは人気が高いです。左の写真はIDC OTSUKAで取り扱う北欧インテリア「WONシリーズ」などとホームシアターを組み合わせたテレビシアターの例です

一方、本ページの読者の皆さんが目指す暮らしでもうひとつ大切なのは「音楽」です。生活のベースとなるリビングを「いい音」で彩るもよし、好きなアーティストの楽曲で自分の部屋を満たすもよし。自宅で過ごす時間を、より価値あるものにしたいという音楽との付き合い方は、北欧インテリアのデザイン思想と同じで、北欧発祥のオーディオメーカーが多いのも頷けます。

■インテリアと調和するスピーカー「DALI」

とはいえホームシアターのために、住空間の機能性やインテリア性を損ねてしまっては本末転倒。そこでお薦めしたいのが、音質はもちろんインテリアとの調和も考え抜かれた、デンマーク発祥の名門スピーカーブランド「DALI」の「OBERONシリーズ」です。豊富な森林資源を背景に、高級家具ブランドが育まれた土壌を感じさせる外観にまず目を引かれます。

DALIの注目モデル「OBERON」シリーズ。前面にはファブリック風のネットを取り付けることができ、スピーカーが見えないようにすることができます。風合いも色味も北欧インテリアに通じる雰囲気です


スピーカーボックスは木目調であることに加え、エンボス加工でリアルウッドのような風合いがナチュラルテイストを演出します

■「OBERON」はカラー展開も豊富

OBERONシリーズではシンプルなホワイト、木の温もりを感じさせるライトオーク、木目の美しさと引き締まった印象のダークウォールナット、迷光を抑えた究極のホームシアターに適するブラックアッシュと4色をラインアップ。インテリアのテイストや好みに合わせて選ぶことができます。リビングに多いナチュラル系のインテリアなら、ライトオークがお薦め。木目が美しくグレーのサランネットを取り付けると、スピーカーとしても存在感も感じさせません。ここまで北欧インテリアと親和性が高いスピーカーはないでしょう。

>> 気になる音質傾向は? 記事の続きは「ホームシアターCHANNEL」で!


アワード「VGP2019 SUMMER」で金賞も受賞したOBERONシリーズの音質について、 映画『ボヘミアン・ラプソディ』などで実力チェック! 記事の続きはぜひ「ホームシアターCHANNEL」で!

関連記事