ホームシアターCHANNEL 連携企画

ソニー「Xperia 1」で“手のひらホームシアター”実現! Netflixをクリエイターモードで徹底レビュー!

山本 敦
2019年07月10日
■一流のクオリティにこだわった

スマートフォンは、当初の通信端末としての役割をさらに広げながら、今では日常生活に欠かせないエンターテインメントツールにもなっています。高度なカメラ機能に止まらず、高精細な大画面ディスプレイ、内蔵スピーカーによるイマーシブサウンド(立体音響)にも一流のクオリティにこだわり抜いたスマートフォンがこの夏に誕生しました。それがソニーの「Xperia 1(エクスペリア ワン)」です。まさに手の中におさまるホームシアターと呼ぶべき迫力溢れるコンテンツの再現力に、ホームシアターファンも注目すべきモデルです。

Xperia スマートフォンの渾身のフラグシップモデルとして誕生したXperia 1。初のトリプルレンズカメラの採用やシネマ撮影専用機能「Cinema Pro」の搭載、ドルビーアトモスやハイレゾワイヤレス「LDAC」に対応するなど、エンターテイメント性に富んだモデルです

■21:9画面で映画画質を堪能

Xperia 1は4K/HDRの有機ELディスプレイを搭載する世界初のスマートフォンです。ソニーがブラビアの開発によって培ってきたノウハウを、独自開発の映像エンジン「X1 for mobile」に惜しみなく注ぎ込み、ディスプレイの画質を徹底的に追い込んでいます。さらに画面のアスペクト比を21対9として、シネスコサイズで製作された映像コンテンツを切り欠きなく表示できるため、豊かな没入感を引き出せます。ソニーはこの体験を「シネマワイド」と銘打ちながら、独自の新しいコンセプトとして提唱したのです。

約6.5インチの画面を最大限に活かした21:9シネマワイドディスプレイの採用により、映画のアスペクト比とほぼ同等の画面比率を実現。映画作品を視聴する際、画面上下に黒帯の出ない再生を可能にしたことで、スマートフォンで未だかつてない没入感を体感できます

■クリエイターの意図も体感できる

そしてもう一つ見逃せないのが、クリエイターの意図した映像を忠実にXperia 1のディスプレイに反映させるために、ソニーの業務用映像機器の開発チームと共同開発した「クリエイターモード」を映像メニューに新設したことです。ユーザーはディスプレイ設定から通常の「スタンダードモード」と簡単に切り替えながら、画質の違いを比べて楽しむことができます。

■Netflixで映像表現力をチェック

今回は4KやHDRをはじめとする高画質コンテンツを数多く配信するNetflixの作品をXperia 1で視聴してみました。Netflixは映像クリエイターの意図を家庭のテレビでも正確に再現するために「Netflix画質モード」の開発を、テレビメーカーと共同で取り組んだり、テクノロジーにも豊富な知見を持つコンテンツクリエイターです。

今回の視聴では、Xperia 1の画質を堪能できるよう、HDR作品を中心に視聴しました。クリエイターモードが活きる作品、スタンダードモードとの相性の良い作品など、ジャンルや作品によってモードを変えてみると、よりXperia 1の映像表現力を堪能することができました

Netflixが力を入れるオリジナル作品を中心に、Xperia 1の21対9のディスプレイによるシネマワイド体験が活きるコンテンツをピックアップしました。

・映画『ROMA/ローマ』を観る!
・ドラマ『パニッシャー シーズン2』を観る!
・アニメ『BLAME! (ブラム)』を観る!

>> 記事の続きは「ホームシアターCHANNEL」で!

関連記事