ホームシアターCHANNEL 連携企画「シアターインテリア探検隊!」第2回

イケアではじめるオシャレなリビングシアター。オススメのリビングボード3選はコレ!

ホームシアターファイルPLUS編集部:塚田真由子
2019年07月31日
■イケアではじめるオシャレなリビングシアター

ホームシアターの満足度を高めるためのインテリアをご紹介する連載「シアターインテリア探検隊!」。第2回は、北欧デザインのハイセンスな家具をリーズナブルに提供し、若者を中心に人気の「IKEA(イケア)」を訪れました。1943年にスウェーデンで創業したイケアは、2006年4月に日本1号店となる「IKEA船橋」(2016年にIKEA Tokyo-Bayと名称変更)を出店。現在国内には9店舗を展開しており、2020年春には原宿に初の都市型店舗をオープンする予定です。

IKEA Tokyo-Bay(住所:千葉県船橋市浜町2-3-30/営業時間:月〜金 10:00〜21:00 土日祝 9:00〜21:00)

お求めやすい価格ながら、シンプルなデザインと機能性の高い家具が豊富に取り揃えられたイケアは、リビングシアターの家具をコーディネートするのにぴったり。そこで、IKEA Tokyo-Bayの山下さんにお願いして、オシャレなリビングシアターづくりに役立つアイテムを紹介していただきました。前編では、大画面テレビの収納にも最適な家具を中心にご紹介していきます。

教えていただいたのはイケア・ジャパン株式会社ローカル・マーケティング・マネージャー山下貴之さん

■テレビとのバランスを考えるのがポイント

ホームシアターといえばスクリーンのイメージが強いかもしれませんが、テレビもどんどん大画面化しており、ホームシアターのディスプレイにテレビを選ぶ方も増えてきました。テレビを設置する際に気をつけたいのは、テレビボードの幅です。テレビの幅よりもできるだけ広い横幅のテレビボードを選ぶことで、安定感が増してバランスよく見えます。あくまで目安ですが、テレビのサイズと横幅は以下を参考にしてみてください。
※テレビのサイズ/外形寸法の横幅…55インチ/約1230mm、65インチ/約1450mm、75インチ/約1670mm)

テレビの両脇にスペースがあった方がバランスよく見えます

■55インチテレビを置くならコレ

山下さんにご紹介いただいた「BRIMNES/ブリムネス テレビ台」は、1800mmの横幅はもちろん、ブルーレイソフトやゲーム機などをすっきりと収納できる大きな引き出しが魅力。75インチも設置できますが、イチオシは55インチ程度のテレビとアクティブスピーカーを組み合わせること。アクティブスピーカーはアンプ機能を内蔵しているので、左右のスピーカーをつなぐケーブルが必要なく、配線もすっきり。オシャレにテレビシアターをはじめることができます。

「BRIMNES/ブリムネス テレビ台」¥17,990(税込)/外形寸法:1800W×530H×410Dmm/<塚田真由子の一言> 上段棚の内寸は幅576mm、高さ165mmあり、スリムなAVアンプ、センタースピーカーなら収納可能。アクティブスピーカーでミニマルにはじめるもよし、スリムなAVアンプで本格的にはじめるのにもよし!

壁面収納でテレビまわりを美しく
短焦点PJを使いたい時だけ使う

>>残り2つはどんな製品? 気になる記事の続きは「ホームシアターCHANNEL」で!

関連記事